バックナンバー

ウリハッキョ

1945年8月15日、解放を迎えた在日同胞が真っ先に始めた事業が民族教育でした。国を奪われ民族自体を抹殺されようとした1世たちには、何がもっとも重要なのかが身に染みてわかっていたのだろう。

ウリハッキョに関する 256 個の記事をリストしました。

Vol.12 高級部3年~12年間の締めくくり、揺るぎない「軸」の確立へ

金大淵 ●51、大阪朝鮮高級学校教員   悩み、考え、踏み出す 高級部3年は3年間の高級部生活および12年間の民族教育を締めくくる最終年次である。 筆者の勤務校である大阪朝鮮高級学校では、2年生は「学校の心臓」、3年生は「学校の顔」と呼ばれる。高2の1年間、学校の中心的な役割を担う準備期間を経て進級した3年生たちは、学校行事はもちろん朝青(青年同盟)活動、部活動のすべてにおいて中心的な役割を果たす。これらが12年間の民族教育の集大成として、生徒たちの進路問題に結びついていく。  

11.静岡

10月5日、この日は台風18号の影響で朝から激しい雨。一時は「静岡朝鮮初中級学校 新校舎竣工・創立50周年記念行事」の開催が危ぶまれたが、実行委員会が敢行を決意した。悪天候にもかかわらず、会場には当初の動員目標数を達成する350人以上が足を運んだ。

Vol.11 高級部2年~選択コースで広がる可能性、実践の中で自分を見つめ

金斗植 ●48、東京朝鮮中高級学校教員   最も輝き飛躍する学年 「華のセブンティーン」(死語?)という言葉もあるように、高級部2年は高校生活の醍醐味がすべて詰まった、有意義で楽しく、生徒たちが年間を通じて最も輝きながら大きく飛躍する学年だと筆者は思っている。 筆者の勤務校である東京朝鮮中高級学校高級部では通常の年間行事に加え、学年別の独自プログラムによる多彩な活動を行い、生徒たちの世界観や人生観の形成に肯定的な影響を与えている。  

Vol.10 高級部1年~社会に出る力を育む、実質的な学力向上に重点

千守日 ●38、神戸朝鮮高級学校教員   民族教育12年間の最終段階 一般的に高校教育で大事なことは、社会において果たさなければならない「使命の自覚」に基づいて、生徒たちに各々の個性に応じて将来の進路を決定させ、一般的な教養を高め、専門的な技能に習熟させることだ。 これをウリハッキョ(朝鮮学校)に置き換えると、そこには必ず「チョソンサラム(朝鮮人)として」という条件がつきまとう。チョソンサラムとしての使命、チョソンサラムとしての自覚、チョソンサラムとしての将来、チョソンサラムとしての教養…。 高級部は12年間の民族教育における最終段階にあたる。「中級部の次の段階」というよりは、「社会に出る前段階」という認識を持たせることが大切だと筆者は常に思っている。  

10.岡山

夏休みも終わりに近い8月下旬。岡山市で、「金剛山歌劇団2014 岡山公演」のための第1回実行委員会が開かれていた。商工会が中心となり、女性同盟、青年同盟、青商会、朝銀、金剛保険、ハッキョ・教育会などから実行委員が集まる。10月31日の本番に向けて、タイムスケジュールと財政ノルマが発表された。

Vol.9 中級部3年~人生の岐路に立つ、文系科目で行き先を意識

李圭学 ●47、東京朝鮮中高級学校教員   卒業が一つのゴール 孔子は論語の中で次のようにのべた。「吾十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る。六十にして耳順い、七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず」。彼は15歳で志学、すなわち学問を志したそうである。歴史を遡ると日本では男子は元服、女子は笄年(けいねん)といって一人前の大人として扱われた年齢でもある。 この15歳にあたる学年が現在の中級部3年生である。最近は中3といえども自立の遅れと思考力・判断力が不足していると言われる。少年団活動を通じて、生活の中での課題に取り組む意欲は2年時に比べると旺盛になるが、自分の将来を見据えた学習、進路選択などとの結びつきは乏しく漠然としているといえよう。  

09.岐阜

岐阜市に位置する岐阜朝鮮初中級学校は夏休み期間だが、校舎からは子どもたちの賑やかな声が聞こえてくる。保護者が働いている家庭が多いため、学校を開放しているのだ。

進化するウリ教育

朝鮮学校の教育内容も日々、進化発展しています。2018年度の本格導入を目指し教育のICT化への取り組みがすでに始まっています。また、教科書は2013年4月から改編作業が始まり、今年4月からは中級部の理科、数学が全面改編、中級部英語と初級部日本語(2、4、5年)の4科目が一部改編されました。進化する民族教育を紹介します

08.広島

モンダンヨンピルコンサートを成功させたハッキョへの思い 7月4日午後6時半、モンダンヨンピルコンサートin広島の幕が上がった。最初に登場したのは広島朝鮮初中高級学校付属幼稚班の園児たち。その愛くるしい姿が観客の心をとらえると、フィナーレ「翼をください」の合唱まで、会場は一体となっていた。合唱には朝鮮学校の保護者らが参加。身体を大きくスイングしながらノリノリで歌う姿は、大きな仕事をやり遂げた達成感に満ち溢れていた。コンサート実行委員会の村上敏委員長(65)が舞台から「コンサートを機に朝鮮学校への支援をもっとお願いします」と訴えた。                        

私もハップモ

現在、ウリハッキョ(朝鮮学校)に子どもを送るハップモ(保護者)は在日同胞たちだけではありません。日本人はもちろん、世界のいろんな国の人たちがハップモとなっています。いろんな国の人たちがなぜ子どもをウリハッキョに送ったのでしょうか? 子どもを送るなかでウリハッキョに対してどのような思いをもつようになったのでしょうか? そんなことが知りたくて、ウリハッキョのいろんなハップモ家族を訪ねてみました。

07.茨城

真夏のような日差しが降り注ぐ6月の第1日曜日、茨城朝鮮初中高級学校では「第15回 茨城同胞大運動会」が行われた。

兵庫オリニフェスタ「ノピノピナララ1・2JUMP!2014」@神戸朝鮮高級学校

@神戸朝鮮高級学校

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]