おいでよウリハッキョ – イオWeb

タグ: おいでよウリハッキョ

広告

地域が守る幼稚班/おいでよウリハッキョ vol.45 奈良朝鮮幼稚班

6年間の休校を乗り越え、2014年に蘇った奈良朝鮮幼稚班。地域住民との交流が盛んな同幼稚班に通う4人の園児たちは、同校の職員と地域同胞、日本市民に愛され、守られ、元気に育っている。 △今月のハッキョ 奈良朝鮮幼稚班 歴史:1969年4月、奈...

同胞と日本市民の愛をうけ―/おいでよウリハッキョ vol.44 四日市朝鮮初中級学校

2021年9月に創立75周年を迎えた三重県唯一の朝鮮学校は、同校卒業生と県下の同胞、多くの日本市民たちに守られ、発展してきた。小さな学校だが、プログラミング的思考を育むレゴ教育や、幼稚班、低学年からの英会話教育など、時代に沿った教育は他校に...

同胞社会の未来を担う最高学府/おいでよウリハッキョ vol.43 朝鮮大学校

世界に唯一無二の海外同胞大学として1956年に創設された朝鮮大学校。日本各地から集った学生たちは、ともに学び、暮らしながら、専門知識を身に付け、学友たちとのつながりを築いている。昨年、創立65周年を迎えた朝大は、激動する時代のニーズに応じて...

学校運営事業を先頭で/おいでよウリハッキョ vol.42 東大阪朝鮮初級学校

2021年9月に創立75周年を迎えた東大阪朝鮮初級学校。同校は、1974年という早い時期に「オモニ会」を立ち上げ、84年に付属幼稚班の無料制を実施(※)、全国に先駆けた活動を重ねてきた。21年度は「学習模範学校」を目指し、ラストスパートをか...

みんなで支えて、重ねた75年/おいでよウリハッキョ vol.41 東京朝鮮第5初中級学校

今年4月8日に創立75周年を迎えた東京朝鮮第5初中級学校には墨田、葛飾、江戸川の城東エリアから児童・生徒たちが通う。全体に漂うアットホームな雰囲気や地域同胞・卒業生たちの学校にかける熱量の高さは、都内の朝鮮学校でもっとも古い校舎に刻まれた補...

小さな学校、大きな誇り—/おいでよウリハッキョ vol.40 中大阪朝鮮初級学校

大阪の中等教育の発祥地である中大阪朝鮮初級学校では、日々、教育の質をあげながら、児童の育成に全的な力を注いでいる。「子どもたちが通いたがり、保護者たちが送りたがる学校」—。創立から74年、一度の移設もなく、東成の地で民族を育んできた、地域同...

新たな学び舎で、ぐんぐん育つ/おいでよウリハッキョ vol.39 東京朝鮮第3初級学校

2019年12月、「ナルゲ(翼)の学び舎」として生まれ変わった東京朝鮮第3初級学校。勉強のみならず、あらゆる場面で考え、「공부=工夫」する―そんな児童を育てるため、教員たちの教育力向上にも熱が入る。民族教育に軸を据えながらも、日本学校に劣ら...

アルプスの麓でのびのびと/おいでよウリハッキョ vol.38 長野朝鮮初中級学校

JR島高松駅から歩くこと15分、雄大なアルプスと田畑に囲まれた長野朝鮮初中級学校に到着した。外からは静かに感じたが、校舎に入ると、児童・生徒たちの元気な声が校舎中に響き、記者を迎えてくれた。同校は決して大人数とは言えないが、代々続く「チャンダンノリ(民族打楽器を使った遊び)」の伝統や、オモニ会のクリエイティブな活動など、その底力は計り知れない。

トンポトンネの拠点に/おいでよウリハッキョ vol.37 大阪朝鮮第4初級学校

大阪生野コリアタウン(御幸通商店街)を一本入ると、子どもたちの賑やかな声が聞こえてくる。地域に根を下ろして75年。生野トンポトンネの拠点となってきた大阪朝鮮第4初級学校だ。“한 지부 한 학교”(一つの支部管下に一つの学校がある)の特性を生...

広告