カテゴリー: 各地のトンネ情報

広告

4世代が愛する、味に真面目な老舗店/お肉と粉モンだいにんぐ すじ焼きのじゅん平(京都市右京区)

創業45年、「常にトンポと歩いてきた」と話すのは、いまも現役で店頭に立つ李正順さん(72)だ。お好みソースやマヨネーズ、タレ類すべて自家製のものを使い、他にはない「じゅん平の味」を守り続けてきた。4世代で通う常連さんがいるのも、地元で愛され...

店主イチオシ、豚ホルモンはリピート必至/焼肉ホルモン 令和苑(東京都板橋区)

東武東上線の下赤塚駅から徒歩1分という抜群の立地。「地元の方に長く愛されるお店、まるで自宅でのんびりしているようにゆったりお食事を楽しめる空間をつくりたい」と店主の金愛里さん(46)が駅前の路地の一角で今年1月20日にオープンした令和苑。

やってみた!オンライン オリニまつり/大田ピョルムリ&城南チャララ

東京の子育てサークル大田ピョルムリ&城南チャララの「オンラインオリニまつり」(後援:東京朝鮮第6初級学校)が7月25日の午後に行われ、乳児や幼児を育てる25家族が参加した。 トップバッターは東京第6初級オモニ会のまちがいさがし劇場。 絵本「...

特別企画 コロナ禍、暮らしを守る

日本各地で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が続くなか、
店舗、施設への休業要請や外出自粛が続き、同胞たちの経済活動や暮らしに大きな影響が出ている。打撃を受けながらも奮闘する経営者の姿、医療の現場、あわせて暮らしを守るための公的支援や、励ましあう同胞社会の姿を伝えたい。

温泉に入れるゲストハウス/GUEST HOUSE SUNLINE BEPPU(大分県別府市)

ゲストハウスとは、食事やアメニティといったサービスがなく安価に利用することのできる素泊まり施設のこと。ドミトリー(相部屋)が基本で宿泊客同士の交流も盛んなことからバックパッカーの間で活用されてきた。外国人観光客と競合施設の増加もあり、近年はそれぞれに多様なサービスを展開している。

【特集】つなぐ、在日ラグビー

2019年、ラグビーワールドカップが開催され、ラグビーブームに沸いた日本。今年、在日本朝鮮人闘球協会は結成30周年を迎える。生徒、部員数減少のなかで、在日ラグビー界を盛りあげていこうと、努力を傾けてきた大阪、東京、愛知の朝高ラグビー部。現場で踏ん張る指導者たちの思い、朝高ラグビー部の現状に迫る。ほかにも、朝鮮学校出身の注目トップリーガーや、中高ラグビー部の下支えとなるジュニアラグビースクール、コリアンラグビー界にエールを送る同胞コミュニティの輪にまなざしを向けた。

納得の履き心地、オリジナルのフッドベッド/インコルジェ(東京都渋谷区)

東京・代官山にインコルジェ2号店がオープンしたのは2019年10月。足に優しいコンフォートシューズを求め、女性たちが多く訪れている。柔らかい革素材に飽きの来ないデザイン、なんといっても履き心地がいい。長時間歩いても疲れないのは、自社開発のオリジナルフッドベッドの力だ。

また食べたくなる、ふっくらまんまるなお好み焼き/てっぱん家 じょう(福岡県糟屋郡)

昨年12月15日にオープンしたばかりの、お好み焼き・鉄板焼のお店「じょう」。店長は佐賀県出身の林英貴さん(44)だ。自身のアボジ・林𠀋一さんの名前から日本語読みの音を取って屋号にしたという。「まだアボジには言ってないんですけどね」と笑う。

下町の焼肉、裏切らない美味さ/焼肉 百済(東京都足立区)

東武伊勢崎線梅島駅から徒歩5分、閑静な通りに位置する「焼肉 百済」(東京都足立区)は今年でオープン11年目を迎えた。店主を務める金輝将さん(43、東京朝高卒)は、足立区生まれ、足立区育ち―、生粋の「下町っ子」だ。

広告