ウリユチバンムロッムロ – イオWeb

タグ: ウリユチバンムロッムロ

日本各地には朝鮮幼稚園が41ヵ所あります。우리 유치반(ウリ ユチバン=私たちの幼稚班)で무럭무럭(ムロッムロッ=のびのび)育つ園児たちの日常を、現場で働く4人の教員たちにつづっていただきます。幼稚園一覧はこちらからご覧になれます→ https://www.youho-korea.com/

広告

vol.5 私がオバサンになったら

私がオバサンになったら(生野朝鮮初級学校付属幼稚班 金鮮一先生) 振り返ると、20歳で現場に出た私は、当時の教員たちの中ではずば抜けて若く、文字通りの「お兄さん」でした(歌も体操も下手くそでしたが)。新任時代は保護者方からも大変可愛がってい...

vol.4 青ひげ危機一髪!

青ひげ危機一髪!(生野朝鮮初級学校付属幼稚班 金鮮一先生) 子どもたちはいつもさまざまな遊びを楽しんでいます。 城北朝鮮初級学校付属幼稚班に勤めていた新任時代、子どもたちの遊びを観察していると、お絵かきを楽しんでいる2人の女の子たちがいまし...

vol.3 恐るべし、昆虫の王様

恐るべし、昆虫の王様(東京朝鮮第6幼稚園 張淑瑛先生) 2020年の夏を目前にしたある日、保護者からカブトムシを頂いた。その頃、子どもたちは、朝鮮大学校で作られた「昆虫体操」を毎日のように踊り、虫への関心も高まっていたので、良いタイミングだ...

vol.2 文字習得から見えてくる

文字習得から見えてくる(東京朝鮮第6幼稚園 張淑瑛先生) 3学期にもなると、年長組の多くがひらがなを読めるようになり、なかには書ける子もでてくる。2学期から始まる、1年生に進学するための事前保育の賜物でもある。教員と交換(絵)日記をしたり、...

vol.1 民謡の耳コピ習得

民謡の耳コピ習得(東京朝鮮第6幼稚園 張淑瑛先生) 東京朝鮮第6初級学校附属幼稚班(大田区)では、月ごとに朝鮮の民謡を流して、行動を切り替える合図にしている。 2020年10月は「ワンホバク(왕호박=大きなカボチャ)」を流していたのだが、チ...

広告