暮らし・権利 – ページ 4 – イオWeb

カテゴリー: 暮らし・権利

広告

vol.43  「オモニは悪くない」 「新たなつながり」という“勝利”

vol.43 「オモニは悪くない」 「新たなつながり」という“勝利”

「仲間が増えたことを実感しました」――。画期的な勝訴から10日後、端末越しの声は力強く、そして安堵に満ちていた。中根寧生さん(2002年生)。川崎市・桜本出身の大学一年である。 日本人の中根正一さんと、在日朝鮮人三世の崔江以子さんとの間に生...

「ヨボセヨ」300号、継続の秘訣/大阪・生野南ウリトンポ情報誌

1995年12月に創刊された大阪生野南支部の情報誌「ヨボセヨ(여보세요/もしもし)」が、今年1月に創刊300号を迎えた。 地域に根ざした情報を載せ、月1回の配布を欠かさない「ヨボセヨ」。25年もの長きにわたり、月1回の発行を続けてこられた秘...

vol.7 学園のアイドル、2歳児

学園のアイドル、2歳児(南武朝鮮初級学校付属幼稚班 皇甫繭香先生) 4月、新しい出会いの春が始まった。 子どもも大人もドキドキ、ワクワク。1年で一番賑やかな時だ。 オンマやアッパと離れ、初めての集団生活に挑む2歳児たち。バスに乗せられ大泣き...

【イオ ニュース PICK UP】「真実がわかるよう、助けて」—名古屋入管収容中に死亡、ウィシュマさんを偲ぶ会に500人参列

名古屋出入国在留管理局(名古屋入管)の収容施設で今年3月に亡くなったスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)をしのぶ会が5月29日、築地本願寺(東京都中央区)で行われた。 偲ぶ会はウィシュマさんの遺族の代理人である指宿昭⼀...

【特集】通巻300号記念特集 イオのこれから

1996年7月号から始まった月刊イオが、2021年6月号をもって通巻300号を迎えました。日本や朝鮮半島、また世界各地に暮らす同胞たち、日本の方々に支えられ、大切な節目を迎えることができました。300号では、イオの原点と今後の課題について考...

在日朝鮮人を見つめて

vol.42 「誠心の交わり」、この場で― 開きつづけた、決意の歩み

出自は消し去るものとされ、朝鮮語も文化も教えられず、ルーツに根差したコミュニティーもなかった私にとって、「朝鮮学校」は敷居の高い存在だった。学校行事などで「ウリマル」で挨拶するハッセン(学生)たちの「正しさ」が、何もない自分の心に突き刺さっ...

vol.6 単独事故は突然に

単独事故は突然に(生野朝鮮初級学校付属幼稚班 金鮮一先生) 私が得意とする遊びは、戦いごっこ。オリニたちはいつも、悪役である私を倒そうと、必死に戦いを挑んできます。対する私は北斗神拳。かかってくるオリニたちの隙を見ながら指先でそっとつつくと...

【幼保無償化】約107万筆の署名集まる

「朝鮮幼稚園に無償化適用を」 朝鮮幼稚園への幼児教育、保育の無償化適用を求め2019年12月から行われてきた「100万人署名運動」が、106万9317筆に達した(4月6日現在)。この間、朝鮮学校と朝鮮幼稚園に子どもを通わせる若い保護者世代を...

【イオ ニュース PICK UP】最高裁が上告棄却—九州無償化裁判

 朝鮮学校が高校無償化制度から除外されたことにより権利を侵害されたとして、九州朝鮮中高級学校の高級部生徒・卒業生らが2013年12月19日に起こした国家賠償請求訴訟(九州無償化裁判、原告は現在68人)。  最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)...

【イオ ニュース PICK UP】入管法改正案取り下げ、廃案へ

4月16日から国会で審議が続けられてきた出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正案について、日本政府・与党は18日、同法案を取り下げる方針を決めた。今国会での成立は見送られ、改正案は事実上の廃案となる見通しだ。 人権上、大きな問題がある日本...

広告