文化・歴史 – ページ 7 – イオWeb

カテゴリー: 文化・歴史

広告

【イオニュースPICK UP】TOKYO MXに公開質問状を提出/朝鮮学校報道を問う有志の会

6月19日朝の東京MXテレビ「堀潤モーニングFLAG」の朝鮮学校報道で、東京都が2010年から唯一朝鮮学校をその対象から外した「私立外国人学校教育運営費補助金」や高校無償化について誤った事実を伝え、かつ偏見を生んだことについて、早尾貴紀・東...

【特集】在日3代のものがたり

私たち同胞コミュニティは、人と心をつなぎ、世代をつないだ、たくさんの物語にあふれています。本特集では、「誇り」「記憶」「地域」「志」…。在日1世から3世、2世から4世にわたる家族史、地域史を集めました。あなたは何を伝えたいですか?-

不屈の精神、忘れない―「4・24」教育闘争から75年

日本の植民地支配から解放された在日朝鮮人が、日本政府とGHQの弾圧に反対して戦った1948年の「4・24教育闘争」から75周年を迎える4月24日、当時獄死した朴柱範・朝連兵庫県本部委員長、大阪府庁前で銃弾に倒れた金太一少年が眠る青山霊園(東...

vol.17 合わさっていけば本流さ 大阪コリアタウンに「共生」発信の拠点

「共生」。私たちの文化だ。その「共生」という私たちの文化を発信する新たな拠点が、大阪市の旧猪飼野に誕生した。「大阪コリアタウン歴史資料館」である。4月29日、開館式典が催された。民族教育への攻撃を止められないまま迎えた七五回目の「4・24」...

【イオニュースPICK UP】朝鮮植民地戦争と関東大震災虐殺の関係性/慎蒼宇さんが講演会

1923年9月1日に発生した関東大震災時に多くの朝鮮人が虐殺されてから今年で100年。5月20日に、文京区民センター(東京)にて『関東大震災時の朝鮮人虐殺の歴史的背景』と題し、慎蒼宇教授(法政大学)が講演会を行った。「関東大震災朝鮮人・中国...

【イオニュースPICK UP】難民・移民を知り、応援するきっかけに /第3回「難民・移民フェス」開催

5月20日、平成つつじ公園(東京・練馬区)にて、日本に住む難民と移民を知り、関わり、応援するチャリティフェス「難民・移民フェス」の第3回が開催された。「難民・移民フェス実行委員会」が主催し、約3600人が来場。第2回の約3倍の人が集まり、小...

【特集】やる気別! 今日の献立アイデア帖

物価高が止まらないなか、日々の食事の時間は必ず訪れます。そんな日常に潤いを与えるべく、誰でも日常的に取り入れることのできるレシピを紹介します。家にある調味料やリーズナブルな食材を使った時短レシピから、ゆとりのある日に作れる料理まで。プロのシ...

「朝鮮人なら殺してもいいのか?」今、問う―/【イオインタビュー】Vol.10 森達也さん(映画監督)

集団心理の暴走がもたらすものを、主に「ドキュメンタリー」という手段で社会へ突きつけてきた森達也さん。関東大震災(1923年9月1日)から100年目を迎える今年、森さんが次に手がけるのは、当時各地で広がった朝鮮人虐殺を背景に、同月6日、千葉県...

vol.16 「分かって欲しい…」 人倫の底を抜いた「徴用工合意」

この国はまたしても人倫の底を抜いた。徴用工問題について、岸田自公政権が韓国政権と交わした「合意」のことだ。韓国大法院判決で勝訴した3訴訟の生存原告全員が拒否を表明した破廉恥な談合は、1965年協定、「慰安婦」合意の繰り返し。更なる罪の上塗り...

【イオニュースPICK UP】「何としても追悼碑を残す」/群馬の朝鮮人追悼碑存続のため設置・管理許可書提出

群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」に佇む朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の存続を求め、5月12日に市民団体「『記憶 反省 そして友好』の追悼碑を守る会」(守る会)が設置・管理許可申請書を県に提出した。提出後、記者会見が行われた。 追悼碑は、日本の...

広告