2023年5月 – イオWeb

月別アーカイブ: 5月 2023

広告

【イオニュースPICK UP】朝鮮植民地戦争と関東大震災虐殺の関係性/慎蒼宇さんが講演会

1923年9月1日に発生した関東大震災時に多くの朝鮮人が虐殺されてから今年で100年。5月20日に、文京区民センター(東京)にて『関東大震災時の朝鮮人虐殺の歴史的背景』と題し、慎蒼宇教授(法政大学)が講演会を行った。「関東大震災朝鮮人・中国...

難民・移民を知り、応援するきっかけに /第3回「難民・移民フェス」開催

5月20日、平成つつじ公園(東京・練馬区)にて、日本に住む難民と移民を知り、関わり、応援するチャリティフェス「難民・移民フェス」の第3回が開催された。「難民・移民フェス実行委員会」が主催し、約3600人が来場。第2回の約3倍の人が集まり、小...

【特集】やる気別! 今日の献立アイデア帖

物価高が止まらないなか、日々の食事の時間は必ず訪れます。そんな日常に潤いを与えるべく、誰でも日常的に取り入れることのできるレシピを紹介します。家にある調味料やリーズナブルな食材を使った時短レシピから、ゆとりのある日に作れる料理まで。プロのシ...

「朝鮮人なら殺してもいいのか?」今、問う―/【イオインタビュー】Vol.10 森達也さん(映画監督)

集団心理の暴走がもたらすものを、主に「ドキュメンタリー」という手段で社会へ突きつけてきた森達也さん。関東大震災(1923年9月1日)から100年目を迎える今年、森さんが次に手がけるのは、当時各地で広がった朝鮮人虐殺を背景に、同月6日、千葉県...

vol.15 「分かって欲しい…」 人倫の底を抜いた「徴用工合意」

この国はまたしても人倫の底を抜いた。徴用工問題について、岸田自公政権が韓国政権と交わした「合意」のことだ。韓国大法院判決で勝訴した3訴訟の生存原告全員が拒否を表明した破廉恥な談合は、1965年協定、「慰安婦」合意の繰り返し。更なる罪の上塗り...

「何としても追悼碑を残す」/群馬の朝鮮人追悼碑存続のため設置・管理許可書提出

群馬県高崎市の県立「群馬の森」に佇む朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の存続を求め、5月12日に市民団体「『記憶 反省 そして友好』の追悼碑を守る会」(守る会)が設置・管理許可申請書を県に提出した。提出後、記者会見が行われた。 追悼碑は、日本の植民...

店主の「好き」があふれる空間で生サムギョプサルを味わう/韓国食堂ケグリ(東京都板橋区)

多種多様な飲食店が軒を連ねる東武東上線大山駅前。ここで2020年にオープンしたケグリは、看板メニューのサムギョプサルをはじめとするさまざまな朝鮮料理と店主・呉英守さん(35)のセンスが全面的にフィーチャーされた内装で唯一無二の存在感を放って...

阪神地域の求心力、〝4・24の魂〟息づく/おいでよウリハッキョ vol.58 最終回 尼崎朝鮮初中級学校

初の在日朝鮮人中等教育機関として1946年に開校した東京朝鮮中高級学校。 朝鮮大学校をのぞけば、日本一のマンモス朝鮮学校となる同校は今年、創立77周年を迎える。 △今月のハッキョ 尼崎朝鮮初中級学校 歴史:1946年4月24日、大庄朝連初等...

2023年5月号 | No.323:目次

特集 やる気別!今日の献立アイデア帖 時間もやる気もない日に キャベツチャーハン/青トウガラシとしらすのペペロンチーノ/タッカルビ丼/ジャガイモチーズチヂミ ちょっとやる気がある日に 鶏もも肉のパリパリガリバタ焼き/カポナータ あと1品欲し...

【イオニュースPICK UP】高麗博物館で伊藤孝司写真展「平壌の人びと」

フォトジャーナリスト・伊藤孝司さんの写真展「平壌の人びと」が、5月3日から高麗博物館(東京都新宿区)にて開催されている。 伊藤さんは2019年まで43回訪朝した経験があり、今回の写真展では「朝鮮で暮らす人びとの多様な姿」(伊藤さん)を映し出...

広告