カテゴリー: 暮らし・権利

広告

vol.10 生野南ウリトンポ情報誌「ヨボセヨ」が200号

 大阪の生野南地域には、月刊イオよりも一足先に200号を迎え16年以上にわたり同胞たちに愛されてきた雑誌がある。NPO法人生野同胞生活相談綜合センターから発行されている月刊誌「ヨボセヨ」だ。

kenriseikatu_201211

在日同胞の海外旅行

テーマ:在日同胞の海外旅行 年の瀬が近づいてきましたが、お正月を海外で 過ごすプランを立てている方もいるのでは? 在日同胞の海外旅行、必要書類と留意点をまとめました。 (文:在日本朝鮮人人権協会・金東鶴事務局長) Q:海外旅行には、何を準備...

日本各地から集まったオモニたち。東京中高生たちの公演に拍手を送る

手をつなぎ、 子どもの未来を切り開こう・第9回中央オモニ大会

子育てに励むオンマたちのつながりを深めることを目指した第9回中央オモニ大会「愛する子どもたちの明るい未来のために」が9月8日、東京朝鮮中高級学校で行われ、日本各地から約850人のオモニたちが参加した。

kenriseikatu_201210

新在留管理制度から2ヵ月

テーマ:新在留管理制度から2ヵ月 7月9日に在日外国人の在留管理に関する法制度が変わりましたが、新制度では16歳の誕生日の際の 最初の更新(切替)や今後の通知がなされず、うっかりミスで刑事罰、ということもありえます。 個々人がきちんと知って...

sp_201209_01

祭祀料理で集まろう

今年の9月30日は秋夕(旧暦の8月15日)になります。家庭で祭祀を行うという方も多いはず。「何種類もの料理を準備するのは大変!」との声も聞こえてきそうですが、特集では祭祀の料理の作り方を紹介し、その意味を改めてクローズアップしてみました。おいしい祭祀料理を囲みながら、またその根底にある古くからの考えにふれることで、祭祀について見つめなおすきっかけが生まれるかもしれません。

朝鮮学校を差別するな! 「高校無償化」適用・補助金再開求め、大阪府庁前で火曜日行動

 朝鮮学校への「高校無償化」制度適用と大阪府・大阪市の補助金支給再開を求め、朝鮮学校の保護者や関係者、同胞、日本市民らが4月17日から毎週火曜、大阪府庁前でデモ活動を行っている。参加者たちに思いを聞いた。

ルポ・現場発

「基地のない沖縄」への飽くなき道

基地閉鎖と反戦平和を掲げ、沖縄の民衆が粘り強く続けてきた運動は今、普天間基地への新型輸送機MV22オスプレイ配備をめぐって大きく高揚している。本稿では普天間基地爆音訴訟を中心に、普天間問題への住民らの取り組みを伝える。

kenriseikatu_201209

介護保険制度の改正

テーマ:介護保険制度の改正 2012年4月から介護保険制度が新しくなりました。 今回の改正は、今後も進んでいく急速な高齢化、中でも医療ニーズの高い高齢者や重度の要介護者の 暮らしを地域で見守るためのものですが、保険料の値上げなど課題も山積し...

kenriseikatu_201208

社会保障と病気

テーマ:社会保障と病気 忙しい現代社会では、体調や精神のバランスを崩し社会生活を送れない人も増えています。 もし病気になったとき、社会保険で保障される生活費や医療費についてお知らせします。 文:金季先・社会保険労務士 Q:病気になったときの...

50万筆の署名を文科省に渡す各地の朝高生(2010年7月)

特集・高校無償化をあきらめない

「教育の機会均等」を目指した「高校無償化法」から、朝鮮高校生たちが外され、2年がたった。少数者の教育を率先して守るべき政府が、むしろ先頭に立って差別する日本。それでも生徒たちは朝鮮学校に通い続け、地域同胞は学校を支え続けている。未来に向けた民族教育を―。差別なき無償化を勝ち取るため、民族教育の権利を原点から考えたい。

広告