月別アーカイブ: 2016年 5月号

広告

【特集】STOP! ヘイトスピーチ~共に生きる社会を目指して

ヘイトスピーチが世に台頭してから、在日朝鮮人をはじめとする多くの人々が心に傷を負ってきた。これを日本社会全体の問題とする市民たちの行動によって、国もようやく法律の制定に向け、動き出した。差別をなくし、共に生きる社会をつくるため、ヘイトスピーチのある今の社会をもう一度見つめなおす。

【特別企画】この春おすすめ!映画&本&音楽

さまざまな分野の方々に、この春おすすめの映画、本、音楽を挙げていただきました。選者は映画監督に会社役員、役者、アスリート、教員…、選んでもらった作品は定番からマニアックなものまで、それぞれのこだわりが随所にあふれています。春真っ盛りの季節。あなたも新たな世界に触れてみませんか。

“人間としての心を問いたい” ―政府が自治体へ、朝鮮学校の補助金停止を促す通知

文部科学省は3月29日、「朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について」と題した通知を出した。各地方自治体の判断に委ねられている補助金の支給に対し、政治・外交問題を理由に「留意」を促すという前代未聞の通知に、各地から非難の声が相次いでいる。

保育園、入れますか?-深刻化する待機児童問題

   保育園に入りたくても入れずに順番待ちをしている、いわゆる「待機児童」が大きな社会問題となっている。民族、国籍を問わず、学齢前の子を育てる親たちにとっては深刻な悩みだ。    全体の8割が低年齢層、大都市圏に集中  待機児童は...

始まりのウリハッキョ編vol.16  みなを驚かせた新キャンパス~朝鮮大学校の創立と学舎移転

今年4月、創立60周年を迎えた朝鮮大学校(東京都小平市)。在日朝鮮人による民族教育の最高学府はいかにして生まれ、発展の礎を築いたのか。1956年4月10日の創立から59年6月13日に小平へ移転するまでの歩みを振り返る。   仮校舎...

ポドゥナムの里から

立場を越え、一つの音楽を響かせる

二〇〇八年ニ月二十六日に、朝鮮民主主義人民共和国の平壌市内にある東平壌大劇場で、ニューヨーク・フィルハーモニック(NYフィル)がコンサートを開いた――、この歴史的な出来事は、その後の核やミサイルや拉致に関する膨大な「北朝鮮」報道に塗り潰され...

ryouri_201605

大ぶりが美味しいスジ大根

鍋に牛スジがかぶるくらいの水を入れ、ゆでこぼす(10分ほど中火で煮ること)。スジは水でキレイに洗い、一口大より大きめに切る。ダイコンは大きめの乱切りにする…

pre_201209_03

読者プレゼント(2016.5)

とじ込みのはがきにアンケートの回答と5月号78ページの「まちがいさがし」「クロスワード」の答え、希望する賞品(1点)の記号、名前、年齢、性別、職業、住所、電話番号をご記入のうえ、52円切手を貼って投函してください。 ■2016年5月20日消...

cover_201605

2016年5月号 | No.239:目次

特集:STOP! ヘイトスピーチ~共に生きる社会を目指して

  • この国に差別はいらない
    ~ヘイトデモへのカウンター行動を追って 矢部真太
  • ヘイトスピーチとは何か―
    差別煽動表現、マイノリティへの攻撃 師岡康子
  • 差別を許さない~抗する人々
    私の友人たちを守るため、人種差別禁止法の成立を 有田芳生参議院議員
    京都襲撃から6年、高裁決定を生かす 金尚均さん
    訴え続ける「共に生きよう」 崔江以子さん
  • 日本初の条例制定、市民の声が行政動かす
    「大阪市ヘイトスピーチ対処条例」を勝ちとるまで 文公輝
  • 希望を掴みだす「命の軋み」―
    朝鮮高級学校生1400人のヘイト被害アンケートを終えて 中村一成

特別企画:この春おすすめ 映画&本&音楽

  • この春 あなたのおすすめ、教えてください。
    松江哲明さん/李相美さん/李杏理さん/李喆雨さん/
    姜成明さん/李佳也さん/姜鐵さん/崔善愛さん/李敬史さん/
    きむきがんさん/金明和さん

ほか企画

  • 被災地への思い形にした5年間
    東日本大震災復興支援チャリティ公演in福島「手と手をつなごう」
  • 無謀とも思えるエネルギー  裵美貴展を終えて 朴一南
  • 北陸の自然の雄大さが育てた心 733人目の卒業生を送りだして 孫仁洛
  • <短期連載>私が見た、韓国ろうと朝鮮ろう(下) 桑原絵美
  • 「人間としての心を問いたい」 政府が自治体へ、朝鮮学校の補助金停止を促す通知

広告