教育 – ページ 40 – イオWeb

カテゴリー: 教育

広告

ルポ・現場発

「高校無償化」排外主義とのたたかいの先に(中)

子どものため、絶対にあきらめられない
 2010年度につづき、11年度も朝鮮高校に「無償化」が適用されないまま、新学年度が始まった。適用を求める運動が日本全国で果敢につづけられているが、日本政府は「審査中」と主張するばかりで、結論の見通しは見えない。前回につづきこの問題に関わる人びとの思いを伝える。今回は東京、大阪、兵庫で、子どもを朝鮮学校へ送る保護者たちに話を聞いた。

日朝教育交流の集い

出会い、知り合うことから

東京では、日本の学校と朝鮮学校の教員たちが、顔の見える交流をしようと、1975年から「日朝教育交流の集い」(主催=同実行委員会)が続けられている。今年も2月25日、第38回目の集いが東京朝鮮第2初級学校(江東区)で開かれ、160人の教育関係者でにぎわった。

ウリハッキョ元気計画

尼崎朝鮮初中級学校

創立1946年4月24日
校長:李汪健
児童・園児数:250人(初級部109人、中級部99人、幼稚班42人)
学区:尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、大阪府池田市など
交通:JR立花駅から徒歩8分

ウリハッキョ元気計画

京都朝鮮第1初級学校

創立:1946年4月21日
校長:金志成
児童・園児数:122人(うち、付属幼稚班が30人)
学区:京都市(伏見区、南区、上京区、下京区、中京区、右京区、山科区)、城陽市、八幡市、宇治市
交通:地下鉄十条駅から徒歩2分

ルポ・現場発

後退する日本の教科書~中学校歴史教科書はいま~

日本の学校で使用されている歴史の教科書が、ここ10年ほどで大きく後退している。日本の侵略戦争の歴史を偽り、誤った歴史認識を、学ぶ子どもたちに与えかねない教科書が少しずつ増えてきているのだ。歴史教科書をめぐる現状とその背景に迫る。

広告