タグ: 特集

広告

手をのばせばウリマル

手をのばせばウリマル

ウリマルを奪われた1世、1世のウリマルを聞き育った2世、ウリマルを学校で学んだ、そして学べなかった3世…。
本来、同胞の生活のなかにあるべきウリマルが、歳月の経過とともに、影を薄くしつつある。
しかし、まだまだウリマルは手をのばせば届くところに存在する。
手をのばすこと、そして、「朝鮮語」を「ウリマル」だと感じることが大切だ

挑む経営者たち-不況の壁を前に

挑む経営者たち-不況の壁を前に

米国発金融危機。それは「100年に一度」と呼ばれる世界同時不況を起こした。日本国内の経済状況が悪化していくなか、同胞企業も深刻な状況に置かれている。振り返れば1世たちは解放後、何も無いなかでも互いに助け合い、支えあい、今日の同胞社会を築き上げてきた。その「相互扶助」の精神を受け継いだ2世、3世の同胞経営者たち。
不況に挑む彼らの今を追った。

ここにある管理と排除

ここにある管理と排除

日本政府は、今国会で外国籍住民を管理するための法律を変え、監視と排除のシステムをより強化しようとしている。2006年7月から続く朝鮮への制裁とあいまって、私たち同胞の権利はさらに侵されていく。
外国人、朝鮮人が常に管理され、排除されるのはなぜか-。その論理とシステムをしっかりと知ることが、管理と排除のない社会を実現する第一歩となるはずだ。

親子、ときどきライバル

親子、ときどきライバル

どこにでもありがちな光景なのかもしれないけれど、そこからは、血のつながった親子ならではの「絆」や、「つながり」が見えてくる。同じ道を歩み、互いに切磋琢磨し合う、トンポ(同胞)の親子たち。その過程に、同胞社会の中で何が受け継がれ、何が創造されるのだろうか?

みんなで、アンニョン!

みんなで、アンニョン!

一向に関係改善の糸口が見えてこない朝・日関係。
安倍政権下に始まった朝鮮への「経済制裁」は、福田、麻生政権に渡って4度も延長されている。
朝鮮と日本、在日朝鮮人と日本市民…。隣に暮らす者同士、「アンニョン」「こんにちは」と手を取り合い、温かい関係を築いていきたいと交流する人々の姿を紹介する。

アッパつくって~かんたんレシピ

アッパつくって~かんたんレシピ

「今日はアッパが作る」――。
アッパたちに贈るグルメレシピ集です。
朝食やディナー。肴や、オンマが寝込んでしまったときなど、そのときどきにふさわしい料理を紹介します。

元朝大生、母校を語る

元朝大生、母校を語る

50年の歴史の中、朝鮮大学校の卒業生は1万4000人。活動舞台を日本、朝鮮半島、世界へと広げる朝鮮大学卒業生。現在のこと、母校のことを語ります。

広告