タグ: 特集

広告

イクメンアッパ

特集:「イクメン・アッパ」急増中!

イクメンとは、子育てを楽しみながら人生を送っている男性のことで、社会的にも注目が集まっている言葉です。同胞社会でも「イクメン・アッパ」は確かに増えており、家族や地域社会、子どもを巡る環境を大きく変えていく頼もしい存在ではないでしょうか? 子育て環境が厳しいと言われるこの時代、オンマや可愛いわが子に惜しみない愛情を注ぐ「イクメン・アッパ」に注目です!

特集:朝鮮報道を見極める

朝鮮半島をめぐる国際情勢が緊張するたび、多くの人々は日本のマスメディアに翻弄される。権力による露骨な情報操作が行われるなか、独自の目、取材、分析力、朝鮮をめぐる歴史知識がなければ、洪水のような朝鮮報道から事の本質を探りだすことは不可能だ。一人ひとりのメディアリテラシーが厳しく問われる時代、朝鮮報道をどう見極めればいいのだろうか。

特集:アニメーションの世界!

絵や人形などが生きているように動き出すアニメーション。その魅力は、ジャンルの多様性と表現方法の自由度の高さなど。アニメは世界で広く発展し、子どもだけでなく大人も楽しめる数々の名作が作られてきました。今月は、そんな幅広いアニメーションの世界の中から、「朝鮮のアニメ事情はどうなっているの?」という読者の疑問に答えるとともに、日本のアニメ業界で働く同胞たちやお薦めアニメなどを紹介します。

豊臣秀吉の朝鮮侵略を今に伝える耳塚(京都市)

特集:秋、おすすめの旅―日本の中の朝鮮―

朝鮮と日本は言うまでもなく隣国同士。古くから人、物、文化などの交流が活発でした。また、豊臣秀吉による朝鮮侵略、20世紀の日本による植民地統治の爪あとも日本各地に残されています。今月の特集は、朝鮮と縁の深い場所の旅行ガイドです。秋の連休を利用して、日本の中の朝鮮を訪ねる2泊3日の旅をお楽しみください。

1945年8月15日、祖国が解放され万歳を叫ぶソウルの人たち

特集:朝鮮と日本の100年―若者たちの思い―

1910年、朝鮮は日本の完全な植民地となった。いわゆる「韓国併合」から今年は100年に当たる。そして、現在進行形のこととして「韓国併合」が存在する。
朝鮮と日本の「100年」を今の問題、自分自身の問題として捉え行動する若者たちがいる。彼ら彼女らの思いを伝えたい。

モム(ホンダワラ)のスープ

特集:朝鮮八道料理紀行

南北に長い朝鮮半島は、北部と南部では気候に大きな差があり、山間地帯の多い北部は畑作が主で、平野の多い南部地方では米作がなされてきた。また、三面が海に囲まれていることから海の幸に恵まれている。朝鮮では各地方ごとに食材を活かした特色ある料理が生まれ、今日まで伝わってきた。地方料理は、その土地の気候とも密接に関係しており、冬の長い北部は南部に比べて味付けは薄く、南に下るほど辛さが増し、調味料や塩辛を多く使う。食事のもてなし方も、地方ごとの特徴があっておもしろい。

崔承喜の著作「朝鮮児童舞踊基本」

特集:朝鮮舞踊—表現への道—

朝鮮舞踊には、朝鮮民族が長い歴史の中で培った諸々のものが内包されている。手や足や肩の動き一つひとつに民族が宿っている。それは受け継ぐだけでなく、新たな表現を模索し創り上げてきた。在日同胞が朝鮮舞踊で表現してきた道のりの、その一片でも伝えたいと思う。

高校無償化

差別なき高校無償化を!

いったい、日本の社会の良識はどこへいってしまったのだろう。今回の「高校無償化」朝鮮学校排除が含む問題点、そしてその根底にある朝鮮学校を「学校」として認めない日本当局の一貫した政策、今後の運動など本質的な問題を掘り下げていきたい。。

在日スポーツ伝説

伝説の在日スポーツマン

昔からスポーツ界で活躍する在日同胞は多い。抑圧と差別のなか、「実力の世界」であるスポーツ界は在日同胞にとって「魅力のある舞台」だったと言える。ハングリー精神には「有名になりたい」というものもあれば、「民族の名をとどろかせたい」というものもある。民族の誇りを胸に戦った「伝説の在日スポーツマン」を紹介する。

達人に聞く生活防御策!

達人に聞く生活防御策!

皆さん実感されている通り、長引く不況が家計を直撃しています。中長期的なライフプランのもと、日々の生活や将来を見据えた知恵が必要な世の中です。また、新政権の登場によって、変わりつつある税金の配分方法を具体的に知る必要もありますね。
この問題意識のもと、経済学者、税理士、社会福祉士、医療や子どもの相談窓口に立つ専門家に、知って得する生活情報を提供してもらいました。

広告