月別アーカイブ: 2020年 4月号

広告

【特集】私たちの歩みとこれから ~高校無償化除外から10年

高校無償化から朝鮮高校が除外されて10年。当事者が裁判に踏み切ることで、日本政府による民族差別は確実に世論化されてきた。不当判決が重なるなか、連帯の輪は広がって互いに結びつき、より大きな声を生んでいる。特集では、この間に積み上げられてきた希...

特別企画「4月からが正念場! 幼保無償化、もっといい制度に」

2019年10月に始まった幼保無償化から半年。日本各地では外国人学校幼児教育類似施設への幼保無償化の適用を求める署名活動や要請が続き、日本の各界も声をあげている。4月からは無償化対象外となった施設への調査事業が始まり、自治体への働きかけが本...

夢つかんだ!/同胞選抜が世界大会で準優勝

10、20代の若手選手たちによる185cm以下チーム 3月5~8日、千葉・館山運動公園体育館で行われた6人制混合バレーボール世界大会に、在日朝鮮人バレーボール協会の選手らで構成される在日同胞選抜チームが出場した。身長185cm以下の選手を対...

oideyo_urihakkyo_rogo

小さな実践が詰まったハッキョ/おいでよウリハッキョ vol.30 南武朝鮮初級学校

少人数制を活かした学校づくりで、児童たちのさまざまな力や個性を引き出している南武朝鮮初級学校。他の学校では見られない珍しい日課、取り組み、全国的にも秀でた分野のさらなる強化など、芽になる小さな実践がたっぷり詰まっている。

在日朝鮮人を見つめて

vol.28 謝罪を受けて死にたい…大法院判決執行を待つ、梁錦徳さん

ちょうど40年前、5・18光州民衆抗争の「主戦場」となった旧全羅南道庁舎にほど近い住宅街、半地下6畳間のベッドにもたれて彼女は呟いた。「勝ったけど、謝罪も賠償もない……」。裁判に関する質問は、軒並みこの思いに収斂されていく。梁錦徳。大法院で...

宮廷トッポッキ 궁중떡볶이

떡볶이(トッポッキ)と言えばあの甘辛いソースが思い浮かぶかもしれませんが、もとは宮廷料理の一つ。肉や野菜といった具材と一緒に炒めて、醤油ベースで上品に味つけします。子どもから大人まで、美味しく食べられるレシピを紹介します。

始まりのウリハッキョ編 転換点となった77年度の改編 vol.52「日本語」教科書の歴史(上)

在日朝鮮人にとって「外国語」でありながら、生活においては第一言語である日本語は朝鮮学校でどのように教えられてきたのか。日本語の教科書編さんの歴史を2回にわたってつづる。初回は、1955年の総聯結成後から日本語教科書編さん史における大きな転換...

「日朝は私のライフワーク」/vol.4 江口済三郎さん(東京・平壌「虹の架け橋」代表)

東京で中野区議会議員(公明党)を長く務め、日本と朝鮮との友好親善にも尽力してきた江口済三郎さん(74)に、朝鮮で生を受けた自身の生い立ちや日朝問題にかける思いを聞いた。 生まれ故郷に恩返しを ―日本の敗戦直後の1945年9月、平壌近郊でお生...

2020年4月号 | No.286:目次

特集「私たちの歩みとこれから~高校無償化除外から10年」、特別企画「4月からが正念場! 幼保無償化、もっといい制度に」、他記事「『使命』掲げ、たたかいぬいた 大阪朝高ラグビー部、全国選抜への出場権獲得」、「夢つかんだ! 同胞選抜チームがミックスバレー世界大会で準優勝」、「ウリハッキョ卒業生の可能性とは? 東京中高オモニ会がセミナー Roots Projectとコラボ」、「朝鮮の経済成長戦略に迫る 朝大朝鮮問題研究センター主催で国際シンポ」、他連載多数

広告