月別アーカイブ: 2015年 6月号

広告

【特集】どうする朝・日関係

日本と朝鮮は一番近い隣国だ。しかしながら、北半分の朝鮮民主主義人民共和国とは、70年もの間、国交が結ばれず、植民地支配の結果、在日することになったコリアンへの人権侵害が続く。
なぜ現状が改善されないのか。糸口はないのか。
両国の関係を根本から考えてみたい。

東京朝鮮第6幼初級学校、新校舎が竣工

今年創立70周年を迎える東京朝鮮第6幼初級学校(東京都大田区)の新校舎竣工式が4月29日、晴天下のもと同校で行われ、保護者や卒業生、地域の同胞たち約600人が集まり、祝杯をあげた。2013年の京都初級、14年の東京第1初中に続く、新校舎の建設。厳しい経済状況の中で莫大な資金を集めた地域同胞の底力に各地から声援が寄せられた。

【特別企画】7月8日まで外登の切り替えを!

新在留管理制度がスタートして3年。制度が変わり、特別永住者の方は外国人登録証明書から特別永住者証明書に、永住者などは在留カードに切り替える必要があり、7月8日までに期限が迫る方もいます。特別企画では、わかりやすいQ&Aに加え、「おさらい特別永住」として、現在の特別永住者制度がはらむ問題点も明示しています。

ポドゥナムの里から

DMZを語ることは非常に厳しい

桜が散り、季節の肌触りが初夏に変わりつつありますが、わたしは昨年の冬の話を続けようと思います。  十二月五日、わたしはソウルのアート・ソンジェ・センターで行われた、DMZ(非武装地帯)のシンポジウムで講演を行いました。  前日にDMZトレイ...

始まりのウリハッキョ編vol.06  区役所の一角で上がった産声~東京朝鮮第9初級学校

東京・阿佐ヶ谷の閑静な住宅街の中にたたずむ東京朝鮮第9初級学校。来年、創立70周年を迎える同校のルーツは1946年3月に開校した杉並初等学院にさかのぼる。 1世が語る草創期 45年8月の日本敗戦と祖国解放後、現在の東京第9初級の学区である杉...

憧れの舞台へ―初心に戻り再スタート

朴泰一(29) 千里馬神戸ボクシングジム 【ぱく・ている】1985年12月17日、大阪府生まれ。大阪朝鮮高級学校時代からボクシングを始める。2008年、大学卒業と同時に千里馬神戸ジムに所属し、5月にプロデビューを果たした。第35代日本スーパ...

pre_201209_03

読者プレゼント(2015.6)

とじ込みのはがきにアンケートの回答と6月号78ページの「まちがいさがし」「クロスワード」の答え、希望する賞品(1点)の記号、名前、年齢、性別、職業、住所、電話番号をご記入のうえ、52円切手を貼って投函してください。 ■2015年6月20日消...

cover_201506_朴泰一

2015年6月号 | No.228:目次

特集:どうする 朝・日関係

  • 日本と朝鮮、課題は何か―70年の国交断絶を前に 和田春樹
  • 人権蹂躙、生活へのダメージ 日本による「制裁」がもたらすもの
  • インタビュー 自由に行き来を
    朝鮮は誠実に調査してくれています 太西るみ子
    今こそ政治が役割果たすとき 芦沢一明
    東アジアの平和を生活の現場から さとう大
    「6.9」のみんなと日本でロックを! ファンキー末吉 
  • 植民地主義の克服、生存権回復のプロセス 文泰勝
    在日朝鮮人にとって朝・日関係改善とは

特別企画:7月8日まで 外登の切り替えを!

  • 特別永住者、永住者のためのQ&A 文時弘
  • 今なお求められる権利としての「永住権」 任京河
  • ほか企画、〈東京朝鮮第6幼初級学校、新校舎が竣工 未来のため―大田、城南、渋世 3地域で力合わせ〉、 〈第5回東京コリアラグビーフェスティバル ラガーマンたちの熱気あふれ〉、〈ハルモニは生きてたんやで 在日バイタルチェック 一人芝居で綴る在日100年の歴史〉、〈108年前の秘話 万国平和会議への道 金文子―大韓帝国の皇帝と特使たち―〉、〈私たちが最後まで取り組んで行く  日本軍性奴隷制の否定を許さない4.23アクション〉

広告