k-chol – ページ 3 – イオWeb

作成者: k-chol

広告

ラグビーを通じた朝・日交流! 奈良‘トライ人’フェスタ2023

ラグビーを通じた朝・日交流イベント「奈良‘トライ人’フェスタ2023」(以下、フェスタ)が6月18日、橿原運動公園(奈良県橿原市)で開催された。同実行委員会が主催し、奈良県ラグビーフットボール協会が共催、地元・橿原市の協力を得て行われたフェスタは、ラグビー愛好家、奈良や県外の在日同胞、日本市民ら総勢2200人が集う一大イベントとなった。

【イオニュースPICK UP】「ハルモニたちのこと、もっと知って」 『アリランラプソディ』特別上映会、川崎各地で盛況

神奈川県川崎市南部で厳しい環境のなか生きてきた在日コリアンのハルモニ(おばあさん)たちを記録した映画『アリラン ラプソディ~海を越えたハルモニたち~』の川崎特別上映会が8月15日、川崎市総合自治会館で行われた。 8月4日、川崎市労連会館から...

【イオニュースPICK UP】映像で訴える「藤岡事件」 関東大震災朝鮮人虐殺100年、群馬の追悼実行委が主催

関東大震災朝鮮人虐殺から100年の今年、日本各地で追悼行事や関連イベントが行われている。藤岡市総合学習センター(群馬県)では、「その時、藤岡で何が起きた!~映像で訴える~」が8月12日に行われた。映像を通して、藤岡事件について知るきっかけに...

【イオニュースPICK UP】 大学生たちの「トルパ」プロジェクト 関東大震災時朝鮮人虐殺/留学同西東京が学習会

関東大震災時朝鮮人虐殺に関する学習会および交流会が、在日本朝鮮留学生同盟西東京地方本部(以下、留学同西東京)の主催で7月22日、東京都内で行われた。 現在、日本各地の留学同の在日朝鮮人学生と日本人学生が主体となり、「トルパ(돌파,朝鮮語で「...

【イオニュースPICK UP】関東大震災朝鮮人虐殺を絵から読み解く/高麗博物館で企画展

高麗博物館(東京都新宿区)で7月5日から関東大震災朝鮮人虐殺企画展が開催されている。今回の展示では、新井勝紘さん(高麗博物館前館長)が発見した「関東大震災絵巻」が公開され、話題を集めている。作者は淇谷という雅号を持つ画家。5日に開かれた記者...

【イオニュースPICK UP】「群馬県だけの問題ではない」―群馬の森追悼碑撤去反対の声高まる

  県立公園「群馬の森」(高崎市)にたたずむ朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の存続を訴え、市民らが撤去反対の声を高めている。 群馬の森朝鮮人追悼碑撤去に反対する市民の会(以下、「市民の会」)は7月2日、新宿アルタ前(東京)で碑の撤去反対...

【イオニュースPICK UP】朝鮮植民地戦争と関東大震災虐殺の関係性/慎蒼宇さんが講演会

1923年9月1日に発生した関東大震災時に多くの朝鮮人が虐殺されてから今年で100年。5月20日に、文京区民センター(東京)にて『関東大震災時の朝鮮人虐殺の歴史的背景』と題し、慎蒼宇教授(法政大学)が講演会を行った。「関東大震災朝鮮人・中国...

【イオニュースPICK UP】難民・移民を知り、応援するきっかけに /第3回「難民・移民フェス」開催

5月20日、平成つつじ公園(東京・練馬区)にて、日本に住む難民と移民を知り、関わり、応援するチャリティフェス「難民・移民フェス」の第3回が開催された。「難民・移民フェス実行委員会」が主催し、約3600人が来場。第2回の約3倍の人が集まり、小...

【イオニュースPICK UP】「何としても追悼碑を残す」/群馬の朝鮮人追悼碑存続のため設置・管理許可書提出

群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」に佇む朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の存続を求め、5月12日に市民団体「『記憶 反省 そして友好』の追悼碑を守る会」(守る会)が設置・管理許可申請書を県に提出した。提出後、記者会見が行われた。 追悼碑は、日本の...

【イオニュースPICK UP】高麗博物館で伊藤孝司写真展「平壌の人びと」

フォトジャーナリスト・伊藤孝司さんの写真展「平壌の人びと」が、5月3日から高麗博物館(東京都新宿区)にて開催されている。 伊藤さんは2019年まで43回訪朝した経験があり、今回の写真展では「朝鮮で暮らす人びとの多様な姿」(伊藤さん)を映し出...

広告