月別アーカイブ: 2011年 9月号

広告

特集トビラ

特集:豊かな同胞社会へ―主役は私たち―

いま在日同胞社会で30~40代の青商会(在日本朝鮮青年商工会)世代が元気だ。「豊かな同胞社会のために! 子どもたちの未来のために!」 パワフルで行動力のある若い世代がそれぞれの地域で同胞社会を牽引する役割を担っている。民族教育支援に経済・生活サポートといった地域密着の活動が人と人をつなぎ、コミュニティを活性化する。新たな時代の「主役」へ。日本各地の青商会の取り組みを紹介する。

コマチュック_03

よろこびあり、涙あり! 「コマ」たちの熱い3日間!

第33回在日朝鮮初級学校中央サッカー大会が8月5日~7日、堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターで行われた。今年は本選大会に50校43チーム、育成大会に33校26チームが出場し、熱戦を展開した。東日本大震災の被災地となったウリハッキョの子どもや保護者たちも、大きな力を得ていた。

李冽理、復帰戦をTKOで勝利

前WBA世界スーパーバンタム級王者の李冽理選手(29、現在同級3位、横浜光)の復帰戦が8月6日、東京後楽園ホールで行われ、見事5R2分39秒でTKO勝ちをおさめた。李選手にとっては世界王者奪還への大切な勝利となった。

1109_暮らし

海外渡航

朝鮮籍の在日3世です。夏休みにイギリスに旅行に行ったのですが、日本から携帯していった再入国許可書を旅先でうっかりなくしてしまいました。再取得はできますか?

ポドゥナムの里から

ネットの中の「普通の人」たち

 柳美里公式サイト「La Valse de Miri」は、何度か「炎上」しています。
 サイト内コンテンツの一つであるブログ「今日のできごと」で、日本という国の構造的欠陥や、日本人の中に潜んでいる差別意識に言及するたびに、2ちゃんねるにスレッドが乱立してURLを貼られまくり、「この反日在日韓国人、腐ったシメジみたいな顔しやがって」とか「日本の悪口いいふらすなら、子供といっしょに母国に帰れ! だれも止めないよ」とか「お前の馬鹿さは朝鮮人の典型だな」などと、わたしの容姿や国籍をあげつらう投稿が、ブログのコメント欄や掲示板「柳美里ファンBBS」に殺到するのです。

ブロガーズ@io

「過去」は現在の私たちの隣にある

今月のブロガー:過ぎ去ろうとしない過去(hokusyu)
 ブログのタイトル「過ぎ去ろうとしない過去」には、由来があります。1980年代、ドイツ(当時は西ドイツ)で「歴史家論争」という論争がありました。ドイツはいわずとしれたホロコーストを行った国で、(もちろん様々な問題はあるにせよ)歴史的な責任を取ることにおいて日本が見習うべき点は多いと思っていますが、しかしそのドイツでも、ホロコーストの責任をいまだに取り続けなければいけないことについて、厭う声があります。

神戸朝鮮初中級学校

創立:1945年10月27日
校長:金錫孝
生徒・児童・園児数:215人(うち付属幼稚班が31人)
学区:神戸市、明石市
交通:JR灘駅徒歩3分

ryouri_201109

タッケジャン

鍋に水1.5ℓ、ネギの青い部分、ショウガ、ニンニク、酒、鶏肉を入れ、アクをとりながら30分煮込む…

ルポ・現場発

丹波マンガン記念館再開館~その歴史と再建の意義

日本植民地統治時代、朝鮮半島から強制連行され過酷な労働を強いられた朝鮮人労働者の歴史を伝える「丹波マンガン記念館」。同館は20年間、日本社会に加害の歴史を問いつづけてきたが、慢性的な財政難から2009年、閉館を余儀なくされた。それから2年。多くの人々の協力により再開館を果たした。同館の歴史と再建の軌跡をたどる。

読者プレゼント(2011.9)

雑誌イオとじ込みのはがきにアンケートの回答と9月号78ページの「まちがいさがし」の答え、希望する賞品(1点)の記号、氏名、年齢、性別、職業、住所、電話番号をご記入のうえ、50円切手を貼って投函してください。

広告