月別アーカイブ: 2019年 7月号

広告

NOヘイトスピーチ

【特集】ヘイトスピーチ、 明確な“禁止”を:解消法施行から3年

ヘイトスピーチ解消法施行から3年が経った。しかし、同法で「許されない」と宣言した「不当な差別的言動」は、さまざまに表現を変えながらいまだ存在しており、明確な規制はなされていない。施行後に見られた変化と今後の課題について考える。

夏のお弁当

【特別企画】夏に持っていきたいおべんとう

夏に向けて暑さも厳しくなってくるが、日々のお弁当作りは待ったなし!
食中毒の危険も高まる夏、様々な工夫を凝らして、安全安心なお弁当、
食欲をそそるお弁当を作ってみませんか? 夏のお弁当作りのコツを管理栄養士さんに、
料理上手な2人のオンマにレシピを紹介いただきます。

東京第1初中の生徒たち

南の市民団体が訪日、朝鮮学校訪問、文科省への要請、「金曜行動」へ

日本政府による朝鮮学校差別の解決に取り組む韓国の「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」「全国教職員労働組合(全教組)」「全北(全羅北道)キョレハナ」などのメンバーで構成された「朝鮮学校差別反対!高校無償化適用要求!金曜行動12次訪問団」...

同胞の権利を守る 法律専門家育成

朝鮮大学校政治経済学部に法律学科が新設されて今年で20年。ここから巣立ち、弁護士などの有資格者となった卒業生は数多い。民族教育では初となる法律専門家育成の場はいかにして生まれ、発展してきたのか―。

月刊イオ2019年7月号

2019年7月号 | No.277:目次

【特集】ヘイトスピーチ、明確な“禁止”を―解消法施行から3年/【特別企画】夏に持っていきたいおべんとう/劇団アランサムセ・金正浩主宰インタビュー/南の市民団体が訪日「金曜行動」へ/朝鮮大学校オープンキャンパス

ピビム麺

ピビム麺 비빔면

비비다(ピビダ)は混ぜるの意。비빔면は名前の通り、麺と野菜とヤンニョムを混ぜた料理で、咸興冷麺とも言われます。今回は、そうめんを使って家庭で簡単に作れるアレンジレシピを紹介します。

在日朝鮮人を見つめて

志操の人・朴鐘鳴さんを偲ぶ

人間は言葉、とりわけ先人から受け取った言葉でできている。昨年4月16日、90才で亡くなった朴鐘鳴さんは、私という人間を形作る数々の言葉を下さった一人である。一周忌の今年5月18日、京都市の同志社大で偲ぶ会が催され、私も出席し、発言の機会を頂...

広告