月別アーカイブ: 2016年 7月号

広告

【特集】二十歳の挑戦―イオ創刊20周年に際して―

このたび、月刊イオは創刊20周年を迎えました。記念すべき「二十歳」です。
これに際して、イオと同じ1996年に生まれ、今年「二十歳」を迎える在日同胞青年たちを取材しました。これからの在日同胞社会を担っていくかれ・かのじょらの、バイタリティ溢れる「挑戦」に迫ります。また、かれ・かのじょらが歩んできた20年間は、どんな時代だったのでしょう?
私たち在日朝鮮人にとっての20年間を振り返ります。

ヘイトスピーチ対策法成立

日本政府が在日コリアンの心身を傷つけたヘイトスピーチ(以下、HS)を「外国人差別の問題」と捉え、重い腰をあげた。5月24日、衆議院本会議で「ヘイトスピーチ対策法案」が可決、6月3日に施行された。日本が国連・人種差別撤廃条約を批准したのは1995年。同法は、2009年から頻発するHSに限ったもので、日本政府は外国人差別の根絶に向けた出発点に立ったといえる。

“同胞たちが集結し、新たな一歩を” 朝大創立60周年記念大祝祭

朝鮮大学校創立60周年を祝う記念大会が5月28日、記念大祝祭が29日、東京都小平市の同校で開かれた。大祝祭には、朝鮮大学校学生・卒業生、日本全国の朝鮮高校生をはじめとする朝鮮学校生徒、同胞ら総勢7000人が訪れた。

受け継がれる1世の遺産 始まりのウリハッキョ編vol.18  西東京朝鮮第2幼初中級学校

今年、創立70周年を迎える西東京朝鮮第2幼初中級学校(町田市)。同胞数がさほど多くないこの地域で、民族教育の命脈はいかにして引き継がれてきたのか―。1946年の創立から68年の校舎新築までを振り返る。   公会堂を借りてスタート ...

どうする、ネット上のヘイトスピーチ-ヘイトスピーチ対策法施行、抑止に期待

  近年、インターネットコミュニティで、在日朝鮮人を含めた在日外国人などのマイノリティに対する差別的な言説が盛んに流布されている。ヘイトスピーチ対策法の施行(6月3日)を機に、ネット上のヘイトスピーチをめぐる問題を整理しつつ、抑止...

ポドゥナムの里から

オバマ大統領の広島訪問

アメリカ合衆国のオバマ大統領が、現職大統領として初めて広島を訪問しました。
 「広島スピーチ」は、リアルタイムではテレビの同時通訳を聞いて、その後、インターネットにアップされた英文と日本語訳を比較しながら読みました。
 まず、「私たち(We)」が追悼を捧げる対象として列挙した死者に「thousands of Koreans」を含んだことに注目しました。

cover_201607

2016年7月号 | No.241:目次

特集:二十歳の挑戦 ~月刊イオ創刊20周年に際して

  • 二十歳にINTERVIEW
    進化続ける逸材、東京五輪も視野に 李健太さん/入団2年目、新たな決意で 金 倻さん/18歳で上京、日本料理を極める 金永煥さん/
    狭間の存在、「見える」作品を 呉世蘭さん/ 可能性を広げるため、行動! 朴徳基さん/自分が決めたことなら、失敗もプラス 朴成亜さん    
  • 日本社会の右傾化、弾圧の中の20年
  • 対談 教えて、二十歳のころ
    弁護士志望の大学生が先輩を直撃!
    李星来さん×金英功弁護士

ほか企画

  • 同胞たちが集結し、新たな一歩を 朝大創立60周年記念大祝祭
  • 何が決まったの?Q&A 朝鮮労働党第7回大会
  • 外国人への差別は「違法」、国が規制へ ヘイトスピーチ対策法成立  日本の朝鮮「制裁」に正当性はあるか?
  • 在日本朝鮮人人権協会「制裁問題検討部会」がシンポジウム開催
  • 朝大生パリ便り(上) クラリネットで憧れの地、フランス・パリへ 趙敏恵

等々

広告