電子ブックレット

ウリハッキョ

始まりのウリハッキョ編vol.12  抵抗で繋がれた民族教育~山口朝鮮初中級学校

山口朝鮮初中級学校は来年、学校創立60周年、民族教育実施70周年を迎える。閉鎖命令に対する抗議デモ、学校閉鎖期に続けられた民族教育からは、山口同胞たちの抵抗の歴史が見えてくる。

 

山口民族教育闘争

山口朝鮮初中級学校が位置する場所は、日本による朝鮮植民地時代、刑務所に火葬場、練兵所などに囲まれていた。このような、人がほとんど立ち入らない場所に、トンクルトンネ(糞窟村)・セドンネ(新しい村)・テバットンネ(竹畑村)と呼ばれた3つの朝鮮人部落があった。1945年の解放直後から県内各地で国語講習所が開設され、46年4月にこれらが統合改編され朝連下関初等学院が創立される。場所は、現在の山口朝鮮初中級学校のすぐそばにあった「旧昭和館」だ。「旧昭和館」は1928年に下関市大坪に建設され、日本の敗戦まで「内鮮融和施設」として使われていた。
48年1月24日、文部省から「朝鮮人設立学校の取扱いについて」が通達され、山口県では、同年3月31日を期限として県下の朝鮮人学校に閉鎖が通告された。閉鎖期限の日には山口県庁前に約1万人の在日朝鮮人が詰め寄り、閉鎖に反対するデモを行った。

 

1948年3月31日に行われた、山口県庁前1万人同胞集会(撮影=ニュージーランド軍、出典=DVD『私たちは未来の主人公』2002年、山口制作委員会)

昭和館前にて写された、朝連下関初等学院第2回卒業式の写真(1948年3月18日、総聯山口県本部提供)

現在の2階建て校舎が建てられるようす。奥に見えるのは旧3階建て校舎(1962年、山口初中提供)


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]