タグ: おいでよウリハッキョ

広告

oideyo_urihakkyo_rogo

粒ぞろい、才能豊かな子が育つハッキョ/おいでよウリハッキョvol.16 和歌山朝鮮初中級学校

伝統的に児童・生徒たちの学力が高いことで有名な和歌山初中。大阪朝鮮高級学校や朝鮮大学校など大きな環境へ出ても、しっかり存在感を表している。小さな学校だからと侮るなかれ。真っすぐで芯が強く、粒ぞろいな子どもたちが育つ環境に注目だ。(取材日:18年1月末、学年はすべて17学年度)

oideyo_urihakkyo_rogo

マルチな取り組みで生徒の能力を引き出す!/おいでよウリハッキョvol.13 神奈川朝鮮中高級学校

多彩な課外活動、ロボコンや地域住民とのボランティアマラソン、特徴ある学校行事など、生徒たち一人ひとりの潜在能力を引き出し、個性を伸ばす教育に力を入れてきた神奈川朝鮮中高級学校。今年も魅力的な取り組みが盛りだくさん!

oideyo_urihakkyo_rogo

「小さなハッキョ」の特性、プラスに転換/おいでよウリハッキョvol.12 栃木朝鮮初中級学校

小山駅からスクールバスに乗り込み栃木朝鮮初中級学校に着くと、長い歴史を感じさせる広大な敷地と立派な校舎が迎えてくれた。在校生11人、教員5人と規模は小さいが、この地で受け継がれた民族教育の風景は今日もしっかりと残っている。創立60周年を迎えた今年、同校の未来を切り開こうと地域全体が力を振り絞っている。

oideyo_urihakkyo_rogo

伝統を引継ぎ発展! ウリマル・ウリノレが行き交う民族教育/おいでよウリハッキョvol.11 西神戸朝鮮初級学校

西神戸朝鮮初級学校の児童・園児たちはパワフルで笑顔が絶えず、時に真剣に目の前のことに取り組んでいる。そんな子どもたちの学校を守りたいという「4.24の精神」が色濃く残るこの地では、教員や地域同胞の思いも熱い。校舎の改修工事を行った今年、地域全体が今一度学校への関心を寄せている。

oideyo_urihakkyo_rogo

思いやりあふれる家族のようなウリハッキョ/おいでよウリハッキョvol.10 四国朝鮮初中級学校

愛媛県松山市にある四国朝鮮初中級学校は現在、児童・生徒数16人。複式学級を取り入れ、5つのクラスで児童・生徒が学ぶ。パワフルな若手教員たちと児童・生徒たちの信頼も厚く、「家族」と変わらない絆がある。人数は少ないが、他では見られない強みが次々と見えてくる。

oideyo_urihakkyo_rogo

枝川の歴史胸に、新しい学び舎に/おいでよウリハッキョvol.9 東京朝鮮第2初級学校

日本の植民地時代の1938年、幻の東京オリンピック開催のため、唐突に朝鮮人が強制移住させられた土地が、東京朝鮮第2初級学校が位置する東京・枝川だ。解放の翌年にこの地に建った同校は07年に枝川裁判で勝利的和解を遂げた喜びに続き、11年には新しい校舎を建て、未来への大きな扉を開けた。

oideyo_urihakkyo_rogo

改称、移転、新校舎―地域とともに歩む/おいでよウリハッキョvol.8 京都朝鮮初級学校

2012年、京都朝鮮第1初級学校と第3初級学校が合わさって誕生した京都朝鮮初級学校。翌年には醍醐の新校舎に移った。2009年12月、第1初級を襲った「在特会」メンバーらによるヘイトスピーチ、そして民族教育の公益性を示した裁判闘争の勝利―。激動の日々の中で生まれた学校には地域同胞と支援者らのたくさんの思いがつまっている。

oideyo_urihakkyo_rogo

学びと成長の種がいっぱいのハッキョ/おいでよウリハッキョvol.7 名古屋朝鮮初級学校

今春、19人の園児と23人の初級部児童を迎え、全校園児・児童数が189人になった名古屋朝鮮初級学校。生野朝鮮初級学校に続き、2番目に児童数の多い単設初級学校だ。教員、保護者たちの連携と一人ひとりの個性を伸ばせる環境の中、園児・児童たちは日々健やかに成長している。

広告