本の装丁について – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

本の装丁について

広告

広告

1件の返信

  1. ブラウ より:

    Unknown
    「HHhH」を読了されているとは、知的感度が高いですね。私など書名と内容をだいぶ前に知りながら、未読のままです(苦笑)。

    「エンスラポイド作戦」は、貴記事で述べられたとおりの経緯をたどったわけですが、この作戦をチェコ亡命政府にもちかけた英国側(というかチャーチルとその周辺)の真意というのは、ナチ占領下で暮らす当のチェコ本国の人々からすれば底無しにドス黒い偽善に満ちたものだったようです。

    下記の記事にそのあたりのことが大変わかりやすく解説されています。よろしければご一読ください。
    http://young-germany.jp/2017/08/heydrich/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。