ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

新たな住人…?

広告

自身が住むマンションに新たな住人がやってきた。
いつも階段に鎮座しているそれ。野良猫だ。

マンションの廊下を歩いていると、前方の階段に何やらとても丸い物体が。
見ると、ふてぶてしく猫が座っていた。

(可愛い…)
動物好きな血が騒ぐ。

ジッ…と猫を見つめていると、こちらに気付いたのか、「にゃー」と鳴く。それもかなりの回数で。
猫は鳴きながら階段を上り、こちらに近づいてきた。
近くまでにはやってこず、一定の距離を保ってにゃーにゃーと鳴く。餌が欲しいのだろうか。

見つめ合うこと数十秒、むやみやたらに餌はやれないので、そっとドアを閉めた。
だが、どうしても気になってしまったので、
少しだけドアを開けて猫の様子を伺うと、まだ律儀に(?)お座りしてこちらを見ていた。
思わずキュンとしてしまった。

ちなみに猫は週に3~4回と結構な頻度で階段に座っている。
どこかで見たような野良猫だと思ったら、近所にあった廃墟に住み着いていた。
最近そこが解体となったため、このマンションに流れ着いたらしい。

「今日は猫いるかな」
帰宅時のちょっとした楽しみになっている。(麗)

広告

1件の返信

  1. オタトンポ より:

    Unknown
    これ、実際のところコメントじゃありません(苦笑)。なのでコメ欄への掲載は不要です。

    「ダルちゃん」ていう、資生堂の公式サイトで連載されてたwebマンガご存知ですか?
    その作品が今回なにがしかの賞をいただいたそうです。↓

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00000010-pseven-life

    この作品、可能ならぜひイオで紹介すべきだと個人的に思いましたので一応お知らせいたします。
    最近、書評で取り上げられる本が「カタいなあ…」(失礼)と個人的に思っていたもので。

    あと、最近ネット上で言及される事の多い「小さな独裁者」というドイツ映画もなんらかの形で紹介できれば、と思います。

    実話が元になっている話で、いわゆる「アイヒマン・テスト」に相通ずる「普通の人間は『権威』を振るう機会さえ与えられれば、それまで自分で考えもしなかったどんな残酷性でも発揮しうる」ことをテーマにしている(←私見です)映画です。

    ぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。