ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

銃を向けられた在日朝鮮人

広告

広告

1件の返信

  1. 名無し より:

    積極的な情報発信を
    長らく、日刊イオの事、忘れてましたが、
    総聯銃撃のニュースを見て思い出し、書き込んでます。
    すべては無知と偏見から起こっているのではと思います。
    インターネットを見ても、正しい情報ももちろんあるのですが、
    侮辱と嘘だらけの間違った情報ばかりで、無知の人が正しい情報に、
    なかなか出会えないのです。
    本屋に行っても然りです、ヘイト本や嫌韓本ばかりで、ゼロから半島情勢を
    勉強したいと思っても、例えば、桜井誠と姜尚中氏の本が並んでいた場合、
    大体の人は桜井の本を買ってしまう訳です、だって桜井のほうが過激で
    面白そうに見えてしまうのでしょうよ。
    正しい情報に飢えている日本の方も一定数いるはずだと思います。
    現に、東京朝高の学園祭でも一定数の日本の方もいらっしゃるし、
    北海道学校や新潟学校なんかは、日本の方で大盛況じゃないですか。
    都市部や地方に関係なく、正しい情報を得ようとしている人は大勢います。
    しかし、テレビをつけた所で、金王朝の殿下と公主の兄妹物語ばっかり
    見せられる訳ですよ。ある意味、日本人は洗脳されちゃってますよ。
    この状況を打開するには、積極的な情報発信しかありません。
    しかし、ネットは使わない方が良いでしょう、ネットで発信した所で
    嘘八百並べたヘイトな反論をくらうのがオチですし、そもそも、
    善良な市民が、数ある情報の中から正しい情報を拾い上げるのは困難です。
    そこで、私が提唱するのは、ブックセンターの復活であります。
    共和国から本が入ってこないのであれば、それは仕方が無いでしょう。
    正しい情報を持った日本国内の書籍、また、南の書籍も取り寄せて、
    さらには、米国も含めた世界中の書籍や資料を取り寄せても良いでしょう。
    世界中の海外僑胞たちが東京に立ち寄った際に集えるコミュニティーゾーンを
    併設しましょう、ロサンゼルスのコリアタウンの名物料理や、瀋陽朝鮮族自治区の
    特産品とか、もちろん在日商工人のブースも作って、おなじみのロールケーキ
    売っても良い訳だし、ヨシダのソースと同胞焼肉店のタレを並べて売っても
    面白そうじゃないですか。共和国のレストランを再現してみるのも面白いでしょう。
    すべては組織に利益が出る仕組みにしていかなくてはいけません。
    アンテナショップのラウンジが中外旅行社のブースになってて、共和国観光について
    気軽に相談できるようになってても面白そうじゃないですか。
    それと、総聯ビデオシリーズをネット番組の形で復活させて、そこに芸能人呼んだりして、
    スタジオはアンテナショップの横にガラス張りで作って、イオ編集部の女性たちが
    パーソナリティーになって番組進行しても面白そうじゃないですか。
    朝青ガールズとか、留学同48みたいなユニット作って、同胞アイドルたちがネット番組で、
    北東アジアの正しい情報を発信するのも面白そうじゃないですか。
    すいません、汗、汗、汗。。。夢が膨らみ過ぎました。
    いずれにしても、何だかの形で、正しい情報の積極的な発信は必要でしょう。
    数年ぶりの書き込みで、興奮しちゃいました。
    まずは、月刊イオ誌面において、今回の銃撃事件について掘り下げてみるべきです。
    1983年以来事件が無いように言ってましたが、私の記憶では、20年位前に千葉県の
    本部だか支部が放火されて活動家の先生が亡くなっていたように思います。
    昔の時代だと、支部サムソとかウリ学校のガラスなんかは、石を投げられて、
    忘れた頃には割られていた記憶があります。
    長々と書きましたが、イオ編集部の皆様に、事業での成果と健康を祈念します。
    過去に大病を患った方も、元気に仕事していらっしゃるでしょうか。
    もちろん皆様の顔も知らない訳ですが、イオの情報を楽しみにしている私のような、
    いわゆる同胞社会から距離を置いていたり、離れてしまっている人もたくさんいて、
    そういう人たちの正しい情報源にもなっているという事も忘れないで欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。