ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

朝鮮代表、本選進出おめでとう!【平壌発6】

広告

広告

1件の返信

  1. ブラウ より:

    Unknown
    >私が記者席でこれを観ていた時、隣にいた朝鮮の記者が「총련선수가 넣었다!(総聯選手が入れたぞ!※朝鮮では在日同胞選手のことを総聯選手と呼びます)」と私の肩を掴んで揺らしてきました

    この「総聯選手」は、日本国から見れば明らかに「北朝鮮の手先」にすぎない存在かもしれません。
    ですがその次、

    >試合前の国歌斉唱の際、「愛国歌」の合唱が会場全体に鳴り響くのを聞いて大きな感動を受けたという2人

    昨今の日本的国際政治論評(笑)に従えば、こういう在日選手のメンタル的反応もおそらく「洗脳教育の成果」とかにされてしまうんでしょうね。

    ですが、これほど国威を賭けた(おそらくオリンピックをすら越えるそのナショナリスティックな権威は、どれだけ自国代表の技術レベルが高かろうと、ほとんどの日本人にはおそらく肌感覚では理解できないことでしょう)場において、会場全体の『愛国歌』の斉唱を聴いて思うところを新たにするという「抑圧されてきたナショナリズム」の発露は、国際的アスリートとして何物にも代え難い経験であると私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。