中欧3ヵ国を旅して(3)ブダペスト – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

中欧3ヵ国を旅して(3)ブダペスト

広告

広告

1件の返信

  1. ブラウ より:

    Unknown
    こちらのエントリを読みながらふと思ったのですが…。

    現在、本誌に『ふぃおぎの絵日記inドイツ』という記事が連載されていますよね。私も毎月楽しみにしています。
    ですが、せっかくこういう企画をやるんですから(筆者さんもベルリン在住でいらっしゃるようですし)、「ドイツの『5月8日』は地元ドイツ人の間でどのように迎えられているか」を紹介していただきたいなと思ったりもします。

    「5月8日」とは言うまでもなく、連合国とソ連に対しナチスドイツが無条件降伏した日ですが、他国の人々(ましてや日本においてをや)は現代ドイツ人がその日をどのように過ごし、ナチ時代をいかなる形で振り返っているのかを、よく分かっていないと思います。

    すでにタイミング的には過ぎてしまっていますし、そもそもこの企画自体に「できるだけ政治的なイシューとは距離を置いたモノにしたい」という明確な編集部や筆者氏の意図があるのなら、私があれこれ注文をつけるのも無粋なのですが。

    ただ、せっかく現地在住筆者氏との接点がありながら、そういうテーマに触れないのはむしろもったいないと思いましたので、あえてコメントさせていただきました。

    可能なら、なんらかの形でリポートしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。