「歳を取る」ことはいけないことか – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

「歳を取る」ことはいけないことか

広告

広告

4件のフィードバック

  1. 名無し より:

    麗さんへ
    歳をとることが悪いだなんて誰も思っていませんよ。そもそも麗さん自身が「おばさん」という言葉にネガティブなイメージを持っているから否定的に聞こえてくる訳です。人生の深みを極めていくのは歳を重ねていく事でしかなし得ません。知識や地位や学力が高くとも、年齢によって積み重ねる事が出来る経験や想い、それにより放たれるオーラや風格、人望などは、若い人には真似の出来ない事であり、真似したところで偽りに満ちた薄っぺらいものであり、周りもみな背伸びに気付いているものです。歳をとる事は素晴らしい事です。どうぞ自分の決めた道を邁進して下さい。応援してます!

  2. より:

    Unknown
    コメントありがとうございます。

    書いているうちに段々と感情的になってしまったのですが、確かに私自身、「おばさん」という言葉がネガティブだと感じている部分もあります。
    その言葉のすべてが「蔑称だ!」とも思いませんし、愛嬌を含んで呼ばれる場合もあると思います。

    男性もそういう扱いを受けている人もいるかもしれませんが、年齢をとやかく言われることに対して、あまりピンと来ない部分もあると思うんです。
    ただ、悪意にも似た態度や物言いで言ってくる人に対して怒りを感じるのと、なぜそういう行為を受ける対象のほとんどが女性なのか、そういう意識が根付いていることに対して悲しみを感じています。

    私も、歳をとることは素晴らしいことだと思います。
    周りの先輩や上司、また両親を見て、学ぶこと、感謝してもしきれないこともたくさんあります。
    こういったことはこれから先、まだまだ待ち受けているとは思いますが、自信を持って立っていきたいと思います。
    あたたかいお言葉、本当にありがとうございました!

  3. 名無し より:

    麗さんへ
    昨日、投稿したものです。いわゆる被害対象に、なぜ女性が多いのかという事を考えてみました。これは私の私見になりますが、一般社会に蔓延している「女性」というものにたいする認識、または概念ともいうべきものが存在しているからだと思います。簡単にいえば「女性は一定の年齢に達すると結婚、出産して子育てに専念し、夫を支え尽くす」みたいな。この概念から外れるもの~「一定の年齢に達しても結婚しない」「結婚していても子どもを産まない」「夫を支えずバリバリ働いている」などなど。多数派が作り上げてる社会通念から外れているように見えると、悪意をもって口撃したり否定的な物言いになるんだろうと思うのです。そもそも男性だろうが女性だろうが、様々なルーツや環境、生き方や思想信条が違うのは当然であり、それを白だ黒だと一括りに分ける事など出来ないでしょう。性別や出自に関係なく、多様な生き方を尊重しあう事を喜びとして感じられるような世の中になることを、私は願ってます。話がだいぶそれてしまってますが、月刊イオの「働く女性」にスポットをあてた企画はとても良かったように思います。月刊イオが「在日同胞をネットワークする」と謳うからには、様々な状況にいる人たちに光をあてるべきでしょう。「夫は商工人で青商会で活躍、妻は夫を献身的に支えるオモニ会役員、子どもは朝鮮学校に送る」みたいな、いわゆる「ザ・在日」のような人たちばかりに光をあててると、紙面に深みが無くなりマンネリ化してくると思うのです。これは私のアイデアなのですが、「こうしてイオは作られる」みたいな紙面で、麗さんたちが働いている編集部自身を密着取材してみるのも面白いとは思いませんか?私は素直に「カッコいいおばさん」もアリだと思ってます!

  4. ブラウ より:

    無題
    (麗)さんと「名無し」さん

    しばらく前に、ツイッターの社会・フェミ系クラスタで注目されたイラストです。

    ttps://twitter.com/yugamico/status/529494102589468672

    日本における男性視点の支離滅裂な「女性のジェンダーロール観」が見事に凝縮されていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。