朝鮮人虐殺から90年の現在は – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

朝鮮人虐殺から90年の現在は

広告

広告

2件のフィードバック

  1. 喜屋武カマドゥ より:

    正義はいづこに・・・
    残酷な朝鮮人虐殺から90年。この国は何か変わったのか。いや、何にも変わってない。いまだに鶴橋のど真ん中で右翼が卑劣な街宣を行い、「警察」がそれを「保護」するというざま。(来月も鶴橋で街宣らしい)生活がましになったかと思えば、それを「特権」と言いがかりをつける。1世の苦労を考えれば「特権」と言いがかりをつける、彼らの貧困なる精神を私は理解できない。この国が変わったのは、資本の量と技術の発展具合だけ。所詮、民度は変わってない。
     日本人は、いや人間というのはこれほどまで他者の気持ちに鈍感なのか。人間らしい人間は本当に少ないようだ。なんと悲しいことか。
     しかし、それでも希望を持ちたい。それは「琉球独立」なり「反差別デモ」なり、なんらかの形を伴って姿を現し、人間疎外からの脱出をもたらすだろう。
     最後に。震災時に日本の大野蛮人どもによって殺された朝鮮人たちに祈りをささげる。そして、あなたがた在日朝鮮人の未来にも幸あらんことを。

  2. かんちゃん より:

    何度謝っても謝りきれません
    今から90年前に起きた関東大震災での、在日コリアンの方達への虐殺に対しては、一日本人として、何度謝っても誤りきれません。しかし、自警団の人達より、在日コリアンの方達の命を救った日本人も、実際には居ます。今、レイシスト達が、迫害をしていますが、少なくとも私は、もし第二次関東大震災が起きたら、あなた達を助けてあげます。悪い日本人もたくさん居る事は認めます。でも、そういう日本人ばかりではありません。私は、世界中の全ての方たちと仲良く共生したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。