朝ドラで元気に – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

朝ドラで元気に

広告

広告

6件のフィードバック

  1. オタトンポ より:

    Unknown
    乙です。

    >「ミズタク」
    あー、「ジーパン刑事」の息子さんですか。私はそれほどがんばって見てる方ではないので、すぐには誰のことか分かりませんでした(一瞬、古田新太氏の方かとw)。

    >お酒を飲むことで夏の暑さへの怒りをぶつけています
    なんか、一人で宅飲みして空きカンの山作ってそうな…ほどほどにしておきましょうねw

  2. より:

    Unknown
    オタトンポ様

    コメントありがとうございます。
    古田新太…(笑)も、好きですよ!^^ 
    最近「ジーパン刑事」の息子さんの作品を片っ端から見てます…(笑)

    お酒は気をつけているつもりなのですが、ついつい…^^;
    ご存知とは思いますが、夏のビールは美味しいんですよね…(笑)

  3. Kim Shirly より:

    Unknown
    どうもこんにちは。

    エントリ違いだな~と思いつつも、先日観ることができた映画「風立ちぬ」の評価についてどうしても(麗)さんと貴ブログ読者の皆さんに認識していただきたく、コメント少なめなこちらのエントリで当方個人の感想と作品理解の手がかりになりそうなレビューに触れておきたいと思いましたので(本記事のコメ欄ではもう(麗)さんもいっぱい×2っぽい感じでしたから)。

    ひと言で言って、物語の半分は主人公とヒロインのメロドラマであり、その「甘美さ」にぶら下がることで「軍用機開発者」「帝国日本の膨張を技術面でバックアップした人物」としての、主人公の葛藤や責任性をスルーした「ズルい作品」と言えそうです。ま、かといって宮崎氏が「転向した」ということとは直結しないだろうという思いですが。

    (麗)さん、そういう意味では本作、一見の価値はありますよ。当方も劇中の堀越と菜穂子の関係にはかなり感情的に迫るものがありましたから(苦笑)。

    あとは、参考になりそうなレビューサイトのリンクを貼っておきます。では。

    movie.maeda-y.com/movie/01760.htm

    d.hatena.ne.jp/nuryouguda/20130720/1374330844

  4. より:

    Unknown
    Kim Shirly様

    コメントありがとうございます。
    ご丁寧にどうもありがとうございました!とても参考になりました。^^
    特報を見た限りでは見るかどうか躊躇っていたのですが…。
    そこまで熱心なファンでもないけれど、何となく全作品を見ている人からしたら、
    今回の映画は少し身構えてしまいがちなのかなと思ってみたり…。
    何事も、自分の目で実際に確かめないことには判断出来ませんものね…。

    なんにせよ、公開中までに一度観てみたいと思います。!Kim Shirly様、どうもありがとうございました!

  5. Rawan より:

    Unknown
    松田龍平さん、1999年の「御法度」を見たときは「ものになるのかなあ…」なんて思ったもので、以降まったく注目していなかったのですが、2007年の「アヒルと鴨のコインロッカー」を偶々見ときに凄く良くなっているのにビックリした記憶がありますね。

    「あまちゃん」面白いですね。遅れ遅れになったりしますが、実は私も見ています(笑

  6. より:

    Unknown
    Rawan様

    コメントありがとうございます。
    「アヒルと鴨のコインロッカー」をご覧になられたのですね!あの作品では重要人物を演じていましたね。

    「御法度」のときは初々しい演技でしたが、それ以上に人を魅了するものがあって、若干15歳であの色気はすごいと感心しました。^^

    「あまちゃん」もいいキャラクターを演じているなぁと毎朝見て思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。