妄言は被害者をふたたび苦しめる – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

妄言は被害者をふたたび苦しめる

広告

広告

1件の返信

  1. かんちゃん より:

    一日本人として、お詫びします
    橋下徹大阪市長が、暴言を吐きました。これは、維新の会という石原慎太郎のようなファシストと同じ政党の者が、勝手に言ったことで、日本中の良識ある人は、全員怒っています。今度の参院選には、維新の会などには入れないと、皆言っています。いずれ橋下徹は政界から追われるでしょう。この人物は、ファシストですから。以前、「日刊イオ」紙に投稿しようとして書き忘れたものがあったので、ここで改めて書きますが、1994年にチマ・チョゴリ切り裂き事件という一部の悪い日本人による極めて悲しい出来事がありましたが、それはあくまでも、ごく一部の悪い日本人がやったことで、大多数の日本人は、そういうことはやりません。街宣右翼、在特会、国士舘学生などは、「暴力団と同じだ」と一般の日本人は全員思っています。在日コリアンの皆様は、働いているので、所得税を払っています。しかし、街宣右翼は、平日の昼間から街宣車で「何だかんだ」と言っているだけで、働いていません。よって所得税を納めていません。在日コリアンの皆様は、街宣右翼に「自分達は、働いているので、所得税を払っている。お前達は、所得税を払っているのか」と言ってやって下さい。右翼はぐうの音もでませんから。在日コリアンの方達は大きな顔をして歩いていいのですよ。ちゃんと税金を払っているのですから。又、元々日本という国は、朝鮮半島の帰化人の方々がやって来て、文明をもたらしてくださいました。その事も、右翼の奴等に言ってやって下さい。右翼の奴等は、古代史を知らないらしいですから。尚、ウリハッキョの先生達に一言。「日本人は全員悪い人達ばかりだ」とは、生徒に言わないで下さい。先生がそういう事を言うと、生徒達は信じてしまい、日本人達と仲良く出来なくなります。関東大震災で、多くのコリアンの方達が自警団によって殺された事は、日本史の授業で習いました。でも、日本人の中には、殺気立った自警団よりコリアンの人達を守った日本人も少なからず居ます。今回の橋下徹という愚かな日本人の発言に対して、同じ日本人として、お詫びいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。