行政が差別と排除を率先垂範する日本 – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

行政が差別と排除を率先垂範する日本

広告

広告

5件のフィードバック

  1. 野村民夫 より:

    人権意識の低さ
    決めたのは教育委員会の課長であって、教育長でも教育委員会の議決でもありません。
    「市民感情」も調査していないし、仮に圧倒的多数の町田市民の意見だとしても権利は守らなければなりません。これではリンチを認めるのと同じです。
    詳細は省略しますが、日本の人権教育が表面的なものであること、日本の歴史教育が大事なことを教えていないことがはっきりと表れました。
    これで日本の国際的な評価はまた低下します。

  2. pomi より:

    Unknown
    こういった行政の過ちが、然るべき国際機関に持ち上げられることはないのですか?

  3. より:

    Unknown
    野村様、コメントありがとうございます。「『市民感情』も調査していないし、仮に圧倒的多数の町田市民の意見だとしても権利は守らなければなりません。これではリンチを認めるのと同じです」<まさにおっしゃる通りだと思います。

  4. より:

    Unknown
    pomi様、今回は国内メディアも迅速に報道していますし、抗議の声も多数寄せられてるといいます。自動的に持ち上げられることはないので、こちらのアピール次第でしょうか。

  5. pomi より:

    お返事ありがとうございます
    そうだったのですね。情報から遅れていてすみません。でも安心しました。外圧をかけられて渋々、ではなく国内で問題提起されて欲しいです。
    あと、福島の朝鮮学校は除染の対象から外されていて、在日の有志の方々が危険をかえりみず作業にあたって下さっていたことも知りませんでした。報道もされていなかった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。