パラリンピック – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

パラリンピック

広告

広告

1件の返信

  1. ポチョンボ電子楽団大好き より:

    Unknown
    うちの母親が、障害者団体の会議に出席したりしてるんで、精神•身体問わず障害関係の本がうちにいっぱいあります。以前、新聞を読んでいたら、北朝鮮の障害者団体に関するニュースが目に入り、母親と「やっぱり差別がひどいんだろうねぇ…」なんて話してました。日本でさえ、ネットを少し見れば障害者に対する差別的言説に溢れ、某有名政治家が「障害者に感情などない」だの、「障害者が増えたのは脳幹が弱いからだ!」だの抜かして、障害を暴力で治療しようとする戸塚ヨットスクールを公然と支持したりするのがトップに立てちゃうのに、今経済建設で余裕があまりないと思われる北朝鮮の障害者は、一体どんな酷い扱いを受けてるのか?江戸時代明治時代の日本のように、生まれてきた我が子に障害があるとわかるやいなや、殺生してしまわれてるんでは?なんて考えてました(すみません。認識が甘かったですね。考えを改めます)。でも今現在こうして団体名が改名されたり、法改正されようとしたりパラリンピック参加が決まったりしてるんですから、本当に時代は変わりつつあるのかな?なんて考えてます。小学校中学校の頃、人付き合いが苦手で、よく個別学級の先生方にお世話になったのを思い出します。あの頃は、本当につらかった。でも、それからと同時に、障害のある子が身近にいたので、あまり差別意識も持たずに済みました(勿論、彼らの気持ちを100%理解出来る訳は無いですし、街で大声を出したり、一目で障害者と分かる人を見て、何かしらの感情を持つことはあります。身近に知的障害者がいて、すごく手がかかり、凄くイライラして、思わず差別用語を口に出してしまったことはあります)。毎日暑いですが、ブログの更新と、イオの編集頑張って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。