ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

17年ぶりのウリハッキョ⑦訃報の翌日

広告

広告

4件のフィードバック

  1. 同感です。
    「どの国籍を持っていても、どの民族であっても子どもは守られるべき存在だと思う。」
    同感です。私は韓国在住の日本人ですが、独島問題、教科書問題、慰安婦問題、靖国参拝、に関して、日本政府、総理の発言如何でいつも微妙な立場になります。国籍・民族によって子供が傷つけれらることは絶対にあってはならないことです。ウリハッキョの子供たちが安心して通学し、勉強できることは日本の国民にとっても利益であるはずです。

  2. いぬどし より:

    私も同感
    こんにちは。
    チマチョゴリ切り裂きのことは覚えています。私はその時憤激しましたが、何かをしたというわけではなかった。二度とそのようなことを繰り返させてはならないと思っています。

  3. 横浜のすんちゃん より:

    心いたい
    いつもブログを拝見いたしております。
    あにょはせよ。
    本当に全国の子供たちに何も被害が出ないようにそう心から強く思います。

    本当に子供は全く罪はなく、、大人たちがそう攻撃をしてくるのです。
    本当に同じ在日として何か手助けできたらいいなとそう思います。

  4. デンセンマン より:

    Unknown
    チマチョゴリ切り裂きは、何度か拝見しました。

    当時は私もやんちゃ盛りでしたので、そのことが許せず、独りで多勢を相手に喧嘩をしたものでした。あの当時の私ですから、手加減を知らなかったのがいまさらながらの反省点ではありますが…。
    一部は私から逃げて行きましたが、中には切り裂いた刃物で、腕を切られたことはあります。しかし、そういう卑屈な連中ですから、急所を刺すことは出来なかったようです。当然ながら、警察は知らん振りでした。

    私は健康上の理由から、身体を張ってどれだけ守れるか不安ですが、命ある限り守っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。