ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

スポーツと政治

広告

広告

6件のフィードバック

  1. ちゃちゃ より:

    ザック監督は除外で
    >国交が無い国に入国
    ザック監督とイタリア人コーチは国交はあるのだが。

  2. そん より:

    Unknown
    朝日戦、勝って正直ホッとしました。選手たちは本当にすばらしい試合をしてくれたと思います。でも、大阪朝高ラグビーのような感動はありませんでした。これが私の正直な意見です。
    国家斉唱のブーイングの件に関しても、「理由なきブーイングなどない。」というのは確かですが、ウリサラムとして、それで、納得していいのでしょうか?朝日友好のために頑張っておられる日本の方や、それ以外の一般の方々にそれはどう映ったのでしょうか。自己満足的な一連の態度、行動は、相手の行動に反映され、正当化されかねません。ウリナラ人民の想像絶するこれまでの苦労を思うほど、より誇り高い行動を、実行してほしかった。その上での勝利ならば、よりいっそうの感動が得られたような気がします。

  3. harattupa より:

    朝日友好
    そんさんのコメントで少し落ち着きました。

  4. より:

    Unknown
    同感です。日本のマスメディアの報道は、同じ日本人として、恥ずかしいと思います。歴史に学ばないで(学ばされていない日本人と学んでいる朝鮮の方々)影響ある立場を利用しての言動に、人間としても恥ずかしいと同時に腹が立ちます。
    どうあれ朝鮮で普通に暮らしている人々がいるという事実は認めて尊重しなくてはならないのではないでしょうか。まず、自分が訪問してみて、自分の目で見て確かめてそれからものを言ってほしいです。

  5. より:

    Unknown
    ちゃちゃ様、コメントありがとうございます。
    確かに朝鮮とイタリアは国交があります。ザッケローニ監督などイタリア人の関係者は選手たちに比べると入国審査に時間がかからなかったという報道を見たような気がするのですが。手元にないので、調べてみます。

  6. より:

    Unknown
    そん様、コメントありがとうございます。返信が遅れてしまい、申し訳ありません。ブーイングの件をはじめコメントでおっしゃっている内容、もっともだと思います。私も個人的にあのブーイングには納得できない思いを抱いています。かといって、それを非難しておしまい、という風に割り切って考えることはできないというのが正直な気持ちです。本ブログで私はあの行為を正当化しているわけでは決してありません。ただ、支持するかしないかに関わらず、あのようなブーイングが出てきた理由というか背景に少しでも想像の射程をのばすべきではないか、ということを主張しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。