ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

日曜日の運動

広告

広告

6件のフィードバック

  1. うしお君 より:

    Unknown
    中年サラリーマンが、あの頃の俺は、などと過去の武勇伝を語りだしたら、OLにオヤジと判定されてしまうそうです。

    老いもまた、美しさ。前を見ていきましょう!(自分に言い聞かせています。)

  2. オンニョ より:

    Unknown
    笑わせてくれてコマッスムニダ。4月29日に教え子の結婚式でオモニにお会いしました。オモニの方から声をかけてくださったのですよ。
    嬉しかったです。

  3. 流川 より:

    細かいネタふり
    >「先生、バスケがしたいです」
    (麗)さんはきっと頭を真っ赤に染めたリーゼントスタイルなんですね。わかりますw

  4. より:

    Unknown
    うしお君さん
    コメントありがとうございます。
    私の場合、生ビールを飲んで「あ゛ぁ゛~」っと声を出したときに「オヤジか!」と言われます…。いつまでも健康体でいたいです。

    オンニョ先生
    コメントありがとうございます。
    先生もいらしてたんですね。
    その日はオモニから結婚式に参加していると連絡がありました。
    結婚されたオンニは小学生の頃、舞踊部の先輩でした。
    その頃からスタイルがよかったので、花嫁姿も綺麗だったんでしょうね^^

    流川さん
    コメントありがとうございます。
    一人でニヤニヤしてしまいましたw
    そうですね…花道のリゼーントも捨てがたいですが、私の今の髪型はどちらかというと信長寄りですw

  5. オンニョ より:

    結婚式に書いた詩おくります
    청춘의 노래 

                 허 옥 녀

    ≪동창생이던 부모님이 맺어진
    27살의 봄에 나도 결혼하게 된것이 
    너무너무 기쁘고 감개무량해요≫

    이슬맺힌 눈으로 말하는 신부앞에서
    함께 환갑의 날을 맞이한 
    조고 제15기생들이 노래한다

    신부의 부모님을 둘러싸고
    어깨를 껴안으면서 노래를 부른다
    그리운 노래 <다정한 동무여>를 

    변치않는 우정을 꽃피워온 동창생들이
    오열을 참아가며 노래하는 엄마모습이
    하도 아름다와 눈시울이 뜨거워지는가

    나에게도 분명히 있었던 청춘의 나날 
    떠올라서는 사라지고 사라져서는 떠올라
    시큼한 레몽맛의 추억을 되살려주었구나

    花園玉串 벗꽃 흩날리는 학교에로의 길
    동무들과 까불며 웃으며 걸어간 그 길
    옷고름 날리며 숨가쁘게 달린 그 길

    이 땅이 이역임을 까맣게 잊었던 나날
    인생의 풍파가 수십번을 덥쳤어도
    그 몇번을 되살아났을가 동창생덕분에

    ≪이국에 살아도 마음의 기둥을 가져라≫
    스승의 가르치심은 오늘도 살아있거니
    경사로운 이날을 함께 맞이한 동창생들

    어느새 물과 같이 흘러간 세월
    머리엔 서리 내리고 주름은 못숨겼어도
    우정에 떠받들리여 오늘을 사는 우리들

    저도 모르게 나도 불렀네
    모두가 불렀네 청춘시절에 되돌아가며
    그리운 우리 노래 <다정한 동무여>를!

      

  6. より:

    素晴らしい詩をコマッスムニダ
    オンニョ先生
    素晴らしい詩をコマッスムニダ!
    卒業とともに母校に訪れる機会も減っていき、
    密度な高校生活の記憶も、いまとなっては曖昧になりつつありますが、
    先生の詩を読んで、동무と時には笑いながら、時にはケンカもしながら通った花園の通学路を思い出しました。
    本当に懐かしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。