ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

何を伝えるか、いかに伝えるか

広告

広告

2件のフィードバック

  1. suk より:

    Unknown
    完全に罠にはまりました。
    この記事の中でDHMOは実態がつかめないのに情報だけが溢れていて、得体の知れない不安感を覚えます。
    日本メディアに侵食されている人には、朝鮮がDHMOのように映っていると思うと、とても恐ろしいです。

    読み手を納得させるだけの論理性よりも、何を伝えるか、いかに伝えるか、そして何を伝えたいかが重要なのですね。

    寒い日が続きますが、お身体ご自愛ください。

  2. より:

    Unknown
    コメントありがとうございます。レスが遅れてすみませんでした。
    コメントの内容、おっしゃる通りだと思います。
    付け加えるなら、メディアは人びとに必要な知識を提供するために、責任ある態度で報道するのか、あるいはセンセーショナルな記事で恐怖をあおるのか、立場を決めなければいけないと思っています。しかし、現状では日本の商業メディアは利益を上げたいという動機があって、残念ながら自制心も足りません。上の例で言うと、水と報じるよりDHMOと言いたいという魅力に逆らうのは今後も非常に難しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。