高等学校に類する外国人学校とは? – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

高等学校に類する外国人学校とは?

広告

広告

1件の返信

  1. 雪だるまのごはん より:

    立派な教育機関としての朝鮮学校
    一度 月刊イオで「各種学校」というものは何かを記事を組んで頂ければと思います。

    高校無償化が「各種学校」として認定をされながら、一方では他の外国人学校には認められがら、一方では朝鮮学校が除外されるなら、本来それぞれの民族が、行うことが出来るべき民族教育の権利を傷つけることになります。

    これは日本の公立私立の学校と朝鮮学校の関係だけではなく、朝鮮学校と他の外国人学校 民族学校との関係に新たな差別を生み出すことになり、二重の差別基準を作ることになってしまうのは明らかで、これを絶対に許すことは出来ません!

    「各種学校」として認可された学校として、何か必要なことがあればそれを求めれば良いわけで、朝鮮学校側も誠意を持ってそれに応じてきたのだと思います。

    もしそうでなかったら、さまざまなスポーツ分野で活躍したり、さらに進学で難関の法曹資格を取得する人材の基礎となる高校での教育が出来るわけがありません。

    それは学生の努力はもちろん、社会で貢献する有能な人材を育成出来る学校であるからこそ、これを政治的要因やこじつけを行い、否定することは何人も出来ないのです。

    わたし自身は日本人として、日本の公立学校に進み、学費などのことはほとんど考えたことがありませんでしたが、年齢を重ねるにつれ、両親が自分のこどもにかけた費用は学費以外に実に多いものだと分かるようになってきたのです。

    朝鮮学校に通っている学生さんたちのご両親はもっと多くの負担をなさっている、それでも民族的意識と誇りを養い、社会にとっても有能な人材になることを願い、その両親たちに報いることは社会的責任でもあると思うのです。

    わたし自身は、独自に署名を集めたりすることしか出来ませんが、友達や仲間の数人とでも力を合わせて行っていけば、必ず同じように行っている人たちとつながります!

    とにかく出来ることに取り組んでいくことが大切ですね!

    国際人権規約や他の国際条約でも民族としての教育がしっかりと明記されており、日本もそれを批准していること、憲法でも等しく教育を受ける権利があること、実質勝利となった朝鮮学校の土地裁判、正義はわれらにあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。