スペースデブリ – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

スペースデブリ

広告

広告

2件のフィードバック

  1. マンガオタク より:

    デブリを知るなら
    幸村誠「プラネテス」というマンガがあります(講談社)。
    近未来の宇宙でスペースデブリを拾う宇宙の掃除人
    「デブリ屋」たちが主人公です。
    現在の科学テクノロジーや社会状況と
    そう離れていない背景設定(デブリ屋たちは会社員!)や
    淡々とした日常のなかの
    笑いあり涙あり哲学ありなストーリーが、リアルで読ませます。
    一度手に取ってみてはいかが?

  2. より:

    面白そうですね
    漫画家の着眼点はすごいですね。
    ぜひ一度探してみたいと思います!
    私としては宇宙につながる漫画の中で
    「ぼくの地球をまもって」が、
    印象強く残っています。
    輪廻転生とか本当にあるのかな?などと考えたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。