アシスタント – ページ 24 – イオWeb

作成者: アシスタント

広告

家族満足・満腹の秋

家族満足・満腹の秋

チヂミやトッポキなど簡単に作れる定番の朝鮮料理からちょっと手のこんだ豪華料理、そして秋の味覚を使ったお菓子まで。
今日は食卓においしい料理をたくさん並べて、「家族満足! 満腹の秋!」を堪能してください。

総本家 備長扇屋

総本家 備長扇屋

愛知県名古屋市中区東桜2-19-10
tel.052(938)0369
営業時間:pm5:00~am5:00
定休日:年末年始のみ 全60席
名古屋市営地下鉄東山線新栄町駅から徒歩3分

2005年10月号 | No.112:目次

2005年10月号 | No.112:目次

特集:「赤い稲妻」復活のために

朝鮮サッカーの今

  • 現地リポート―「平壌市体育団」を朝鮮に追う
    クラブチーム強化で世界を狙う
  • 新たな戦いをめざして―安英学、李漢宰が振り返る最終予選
  • 国家代表への渇望 梁勇基(J2ベガルタ仙台)
  • スペシャルインタビュー―セルジオ越後
    国際経験が朝鮮サッカーを強くする
「赤い稲妻」復活のために

「赤い稲妻」復活のために

「赤い稲妻」。66年W杯イングランド大会でアジア初のベスト8入りした朝鮮代表を、世界はそう呼んだ。あれから39年。知られざる国内サッカー事情、再び輝きを取り戻そうと動き始めた朝鮮代表の今をみる。

2005年9月号 | No.111:目次

2005年9月号 | No.111:目次

特集:ぼくを守ってくれるものはなんだろう

~私たちの権利は万能か~

  • どうしようもない流れなのだろうか 野田峯雄
  • 在留権―簡単に奪われかねない不安定な地位 金哲敏
  • 教育権―日本国憲法は“義務教育は無償”と謳うが… 金東鶴
  • 社会保障―今なお続く、国籍条項の残滓 鄭明愛
  • 国籍―南北いずれかの選択を迫られる不幸な現実 任京河
ぼくを守ってくれるものはなんだろう

ぼくを守ってくれるものはなんだろう

昔ほどあからさまな差別はなくなった。何かを遂げようとしたとき、それを阻む壁も低くなった。でもそのハードルは完全になくなってはいない。
この国はなぜ民族や国籍による差別を残し、人々を苦しめ続けているのか。

韓亭 福味

韓亭 福味

東京都文京区根津1-1-6
tel.03(3828)6800
営業時間:am11:30~pm2:00 pm5:00~am0:00
定休日:年末年始 全60席 個室あり
東京メトロ千代田線根津駅徒歩1分

2005年8月号 | No.110:目次

2005年8月号 | No.110:目次

特集:解放前夜そして、「統一列車」は終着駅へ

  • ルポ―それぞれの「統一と私」
    一世同胞は証言する・「解放と分断」1
  • 母に詫びた半世紀の「親不孝」 高蘭姫さん
    一世同胞は証言する・「解放と分断」2
  • 故郷を想い逝ったチングの分まで 朴在洙さん
    INTERVIEW 韓国の絵本作家・柳在守さん
  • 20年ぶりに叶った朝鮮学校訪問
  • 私の解放、私たちの解放 徐 勝(立命館大学教授)
  • 朝鮮分断の経緯を知る26ワード
CAFE RESTAURANT コロンバン

CAFE RESTAURANT コロンバン

前橋市敷島町257-24(バラ園西通り)
tel.027(233)4859
営業時間:am10:00~pm11:00
年中無休 全席50
JR前橋駅から関越交通バス老人センター入り口下車、徒歩3分

広告