ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

「私のオモニ」

広告

去年のイオの連載に「私のオモニ」という連載があった。
2年間継続したが、今年度からは「私のアボジ」という連載としてリニューアルした。

「私のオモニ」は一般同胞からオモニに纏わるエピソードをエッセイ形式で語ってもらう企画だが、
そこには様々な女性の姿が描かれていた。

同胞のなかのいち女性だったオモニ、夫を支える妻としてのオモニ、そして母であったオモニ。
様々なエピソードを読むたびに、女性に課せられる役割はなんと多いのだろうと感嘆していた。
そして、その女性像を子がしっかりと語れるということに、意味があるのだろうなと思った。
どんな思いを持ったとしても、それは母としては幸せなことなのだろうなとも思う。

今年、上の子が小学校へとあがった。
保育園を卒園すると、日常的に学校へ足を運ぶこともなく、
先生と顔を合わせて子どもの様子をうかがうこともなく、
連絡帳という手段のみが子どもの日々の生活を知る術となる。

なんだか、子どもが私の手から1歩離れたような感覚。
子どもも、自らの人生を歩みはじめたのだなと感慨深く入学式を迎えた。

子どもたちが寝静まったあと、翌日の準備をひとりで黙々としながら、
そういえば自分のオモニもこんな風に、真夜中に目を覚ますと、家事を黙々としていたなとふと想った。

結婚するまでは、子どもとして母という存在をみてきたが、いまは母の立場になってることを途端に意識した。
子どもたちにどんな母親像として記憶されるのだろうと思うと、背を正す気持ちになった。
私自身もふたりの子の母になり、いままでとは見える景色がまた違ってきた。
イオのブログでも、それらを綴れればと思っている。

ということで、何ヵ月ぶりにイオ編集部に戻ってきた(愛)です。
この間、色々とまた違う刺激を受けてきました。
それらを仕事にもおおいに活かせたらと思っています!
またどうぞよろしくお願いいたします。(愛)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。