東京中高文化祭と裁判パフォーマンス – イオWeb

ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

東京中高文化祭と裁判パフォーマンス

広告

広告

3件のフィードバック

  1. ブラウ より:

    Unknown
    >裁判パフォーマンス「X= 」

    1枚目の写真のインパクトがすごいですね。
    原発推進を肯定する文言はどこからか引用してきたものなのかもしれませんが、完全な創作だとしたら「いろいろとわかりすぎていて逆に怖い」くらいです。核政策の政治的本質や、科学技術と人間の暗部が結びついたときのある種の志向性について、よく考察していると思います。

    また、低レベル放射性廃棄物保管用のドラム缶に書かれている種々のマーキング(フォントの選択も含め)も、これは実物に取材した正確な再現でしょうか。あまりに生々しすぎるリアルさに「神は細部に宿る」のだという思いを改めて強くしました。

    で、裁判にはカッパも含め(笑)、「核と平和」をめぐる様々な当事者たちが登場したようですが、ここに「自国の核兵器開発を支持する朝鮮国民」が証言者として登場したかどうかは気になるところです。

    高校の文化祭、しかも朝高のそれですから、さすがにそれは諸々の事情から憚られたのでは、と勝手に推測するものです。
    が、20世紀後半以降現代に至るまで発生しているほとんど全ての軍事紛争が「非対称戦争」や大国の背後操作による「内戦」「代理戦争」の形をとっていることを考えると、「朝鮮側の言い分を聞いてみる」という試みそれ自体は非常に重要なことであると私は思います。

  2. ブラウ より:

    Unknown
    恐縮ながら追記を。

    こちらの最新記事などは、「朝鮮側の言い分」を代弁するものとして大いに参考になると思います。
    http://roodevil.blog.shinobi.jp/

  3. より:

    ブラウ様へ
    いつも、コメントありがとうございます。
    1枚目の写真の作品の作者は、たぶん、日本の方だったと思います。私は、ブラウさんが指摘されたような細部まで読み取ることはできませんでした。
    証人の選定は、けっこうアバウトな感じで行われているようでした。「核兵器」の問題は、日本の原発と核は開発という問題意識で少し意見が出ていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。