ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

映画「12人の優しい日本人」

広告

広告

5件のフィードバック

  1. より:

    Unknown
    私もこの映画は好きです。「12人の怒れる男」のパロディですよね。日本の方に勧められて観た映画でしたが、これを見てからは三谷映画と演劇に一時どっぷり浸かりました。
    同じパロディでは筒井康隆の短篇シナリオ「12人の浮かれる男」をオススメ...しません。笑

  2. 怒れる男 より:

    12人の優しい日本人
    リメイク元の「十二人の怒れる男」を子供の時にTV放送で見た世代です。白黒で古い映画なのに、子供ながら夢中で観た記憶が。
    「12人の優しい…」のほうはケーブルで流れてたのを観ましたが、途中でCh変えてしてしまった。大好きだった三谷幸喜なのに飽きてしまったみたい。
    http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/3769/12angrymen.html

  3. ぱっちん より:

    Unknown
    もともと演劇だったものの映画化です。
    三谷ファンのひとりとして、ご紹介カムサハムニダ^^

    もちろん「12人の怒れる男」のパロディともいえる作品ですが、あくまで仮定だった陪審員制度が導入されていますので、時代を感じます。

  4. (愛) より:

    コメントありがとうございます
    (杉)さま、 (怒れる男)さま、 (ぱっちん)さま、コメントありがとうございます。
    原作となった「12人の恐れる男」のほうが名作だそうですね。
    まだそちらは残念ながら見れてません。
    三谷映画はテンポがよく、個人的には見ていて楽しいです。演劇なども見てみたいと思いました。

  5. ポチョンボ電子楽団大好き より:

    三谷幸喜さん
    彼の作品は、名作揃いですね(といっても、あまり沢山は見てませんが•••) 特に、王様のレストランと、古畑任三郎(どちらも代表作ですね)が好きです。古畑の独特なキャラが、面白いと思います。この作品も、今度見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。