ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

ニコンを狂わせたものは何か

広告

広告

3件のフィードバック

  1. タビュランス より:

    Unknown
    そうですね。悲しい話しです。
    今回の事に限らず、日本という国が少しずつ経済的に力を無くし、政治力の低下という事実から目を背けている気がします。

  2. Rawan より:

    Unknown
    >ニコンの中止にするための執拗な行動は、中止にすることが目的でもあるが、「私たちはこれほど中止にするために努力しました」ということを、中止を強要した者たちに見せて許しを請うためのアリバイ作りだったと思っている。

    まったくそのとおりですね。
    そして、ニコンという世界市場を相手にしている企業であっても、これほどの「中止・拒絶努力」が強いられるのだという印象を他の企業や団体にに与え、萎縮させることに繋がることについての「罪」をもニコンは負わなければいけません。

    (余談、こちらのパソコン環境の問題かもしれませんが、安氏抗議文内の「濁点」部分が全角の結合文字になっており、読みにくくなっているように思います。)

  3. k より:

    Unknown
    ダビュランスさま、Rawanさま、コメントありがとうございます。
    今後、日本社会がどうなっていくのか、私もたいへん心配していますし、怖く思っています。一人ひとりが行動するしかないのでしょうが…。
    濁点の部分は修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。