ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

非人道的な朝鮮に対する「制裁措置」

広告

広告

3件のフィードバック

  1. オンニョ より:

    Unknown
    まったく同感です。15歳の時、新潟で初めて祖国の船を見てから(もちろん初期は外国船を活用していたけれど)私の人生観は大きく変わりました。私にも祖国があるんだ!という想いを実感したものでした。
    マンギョンボン号の入港を拒んできた日本当局は肉親を切り離し、生身の人間の心も体もずたずたにしてきた自分たちの醜さ、過ちに何故気づかないのでしょう.いいえ、なぜ気づかないフリをしているのでしょう。怒りを持って糾弾します!

  2. k より:

    オンニョさまへ
    いつもコメントありがとうございます。
    私も新潟で初代のマンギョンボン号を見たとき、祖国を感じました。本当にやはく再開してほしいですね。

  3. ポチョンボ電子楽団大好き より:

    乗ってみたい
    マンギョンボン号、早く入港許可してもらいたいですね。幼い頃、テレビで新潟県の人が、マンギョンボン号に向かって「帰れ!帰れ!」と叫んでいるのを見て、訳も分からず真似して「マンギョンボン号帰れ!」とやったのを思い出しました(汗)母親から「それはいじめになるから駄目だよ」と叱られました。当時は、何故怒られたのかわかりませんでしたが、今思うと、あの時の母の指摘は、正しかったと思います。本当に申し訳ない事をしたな、と。 それより、疑問に思うんですがマンギョンボンって、日本人は乗れるんでしょうか。乗れるなら乗りたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。