ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

「太陽の塔」が見たい

広告

広告

7件のフィードバック

  1. オンニョ より:

    Unknown
    愛さま。素晴らしい御案内有難うございます。

    「太陽の塔」を初めて見たのは万博を観覧しに行ったその日でした。まだハタチだったとき、主人との初デートの場所でした。あまりにもの人出で「太陽の塔」の中に内部展示があったなんて夢にも思いませんでした。発想が面白いなぁ、岡本さんはユニークな方だなぁ、どでかい塔だなぁ、爆発的だなぁ なんて思ったものでした。今日の記事を読んで40数年前を思い出させていただきました。

  2. うしお君 より:

    芸術音痴ですが
    私には芸術という高度な文明を理解する能力がありません。

    しかし、岡本氏の作品には、なんともいえない迫力を感じます。

    なぜ、迫力を感じるのか?

    そこには、彼の作品に対する情熱、魂が、観るものに伝染し、痺れさせるのだと思いました。

    芸術に限らず、観るものに情熱と魂を感じてもらえる生き方を目指せばならないと、強く感じました。

  3. kame より:

    「明日の神話」
    僕も「太陽の塔」大好きです。
    せっかく「明日の神話」について触れたのなら、↓についても何か言及がほしかったですね。
    僕は快挙って思ったけど。

    福島原発? 岡本太郎の「核恐怖」描いた壁画に別の絵
    http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2797982/7159412?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=photo_topics

  4. たけちゃん より:

    岡本太郎さん
    あの方の生涯は、凄いと思いました。

    常に何かと闘ってる感じ。

    それは、何かとは?

    これは、私個人の解釈ですが『常識』という価値観のと闘ってたのかな?と。

    太陽の塔を、当時世間では『血税で作った牛乳瓶のお化け!』とか酷評されました。

    その価値観と闘ってたと思います。

    余談ですが、太陽の塔の内部の生命の樹をジミー大西さんが見て感動してました。

  5. (愛) より:

    コメントありがとうございます
    (オンニョ)様、(うしお君)様、(kame)様、(たけちゃん)様、コメントありがとうございます。

    (オンニョ)様、当時見に行かれたのですね!うらやましいです。当時の万博の空気感の中で「太陽の塔」を見たかったです。初デートでの場所なんてますますうらやましいです。

    (うしお君)様、私も今回の展示を見に行って、彼の「生き方」に深く感動され、彼のようにアグレッシブに生きなくてはいけないなと思わされました。すごいパワーです。

    (kame)様、私もこのニュースが出た時は、(うまいな)と思ってしまいました。絵自体は無事でしたし、絵柄も似せていたので、岡本太郎さんを好きなアーティストがやったんでしょうか。岡本太郎さんが生きていたらきっと大笑いして許した気がします。

    (たけちゃん)様、そうですね、彼はいろんなことを真剣に考え、闘ってきたように思います。ですから、彼の言葉や作品には、人を感動させる何かがあるんだと思います。「生命の樹」早く見に行こうと思います。

  6. kame より:

    Unknown
    「太郎が生きていても、別に怒らなかったと思いますよ。『ふーん』というだけでしょう」と岡本太郎記念館の平野暁臣館長が語ったそうです。

    岡本太郎「明日の神話」への落書き 「いたずらと切り捨てられない」  
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000107-san-soci

  7. kame より:

    「チン←ポム」
    芸術家グループ「チン←ポム」が自分たちの仕事と名乗り出たみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。