ブログ 日刊イオ

ブログ日刊イオ

米の2010年の始まり

広告

広告

1件の返信

  1. Tamaki Hosoe より:

    半島統一には、米朝平和条約
    朝鮮戦争をどちらが仕掛けたのか、私はよく分かりませんし、1951/7/10 という誕生日は、終戦会談が緒に就いた日と何かで読みました。60年安保は知らず、70年もノンポリを決め込んで、歌ばかり歌っていました。今もそうです。

    ・2001年2月16日(これは金総書記の誕生日)米英がイラク空爆を再開したのは、イラクが一人のキーパーソンに敏感になって発砲後の事。
    ・その春、米スパイ飛行に中国機が近づいて島に上陸させた事件がありました。
    ・一人の極端な人間が、アルカイダも挑発したようですから、9/11には、ブッシュは喜んだ事でしょう、戦争が起こせる!
     かの飛行機には同級生も乗っていましたが、ビン・ラディンすら原発をターゲットに指示しなかった意味を思います。イラク・アフガンには、”被爆者”白血病の子供達でいっぱいです、劣化ウラン弾によって。こう言う事実は、アメリカ人は言いません。

    大阪、岐阜、新潟の朝鮮総聯にはお世話になりましたが、船は今どうなっていますか?経済封鎖は、情報封鎖ですから、貴国のリハビリテーション医療や、バリアフリーが進むかが心配です。

    6カ国協議といっても、一番経済力、責任ある日本が、拉致被害者の傷口を拡声器で報じますし…
    米政権が変わって、朝鮮政策が、太陽政策に転換しますか?韓国は Swing Back?

    いろいろな事を、話し合いたい気持ちです。日本人の私自身のアジア蔑視に気づいてからというもの…

    2003年7月14日独立記念日に、ケネディの生家を訪れた直後、宿題の英語論文を書きました。 (饒舌、お許し下さい   )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。