電子ブックレット

権利

どこまでも自由で正直な“奇人”

essei_logo

「慰安婦合意」や少女像、そして徴用工判決を巡る態度、さらには無償化裁判――。不実の底が抜けきったいま、「日本」を問い続けた先人を思い返している。宋斗会(1915年生)である。
一度見れば忘れられない風貌、学生時代から何度か目撃していたが、話を聴いたのは「浮島丸訴訟」の取材時だった。強制徴用された朝鮮人らが帰国のために乗った旧海軍輸送船が舞鶴沖で爆沈、判明分だけで549人もが死亡した大惨事の責任を問い、在韓遺族らが日本政府を訴えていた。宋は生存者や遺族を掘り起し、提訴を呼びかけた「仕掛け人」だった。

写真:中山和弘

essei_201902_01

浮島丸訴訟の1審判決を9日後に控え、終の住み家となった京都大熊野寮でたばこをくゆらす宋斗会さん(京都市左京区で2001年8月14日)

essei_201902_02

浮島丸事件犠牲者の50回忌法要を行う事件の関係者ら。中央左が宋斗会さん(京都府舞鶴市下佐波賀で1994年8月23日)

なかむら・いるそん●1969年、大阪府生まれ。立命館大学卒業。1995年毎日新聞社に入社。現在フリー。著書に「声を刻む 在日無年金訴訟をめぐる人々」(インパクト出版会)、「ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件――〈ヘイトクライム〉に抗して」(岩波書店)、「ルポ思想としての朝鮮籍」(岩波書店)などがある。『ヒューマンライツ』(部落解放・人権研究所)の「映画を通して考える『もう一つの世界』」を連載中。


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]