電子ブックレット

お料理

トマトソバギ

☆トマトソバギ☆

ryouri_2018011

「ソバギ」と呼ばれる、具材を挟み込むタイプのキムチです。完熟のトマトはもちろん、調理用として出回っている未熟の青いトマトや、ミニトマトでも美味しくできますよ。作ってすぐにでも食べられますが、程よく水分の抜けてくる1~2日後がオススメです。
モッツァレラチーズ、ごま油、青ねぎも一緒に添えると、朝洋折衷(?)の前菜になります。

材料(3~4個分)

トマト 中玉3~4個
ヤンニョム
粉トウガラシ 大さじ4
中挽トウガラシ 大さじ4
アミの塩辛(みじん切り) 大さじ3
ショウガ(すりおろす) 正味30g
ニンニク(すりおろす) 2粒
適宜
ニンジン(細い千切りにする) 3㎝
長ネギ(みじん切り) 10㎝分
ニラ(2㎝幅に切る) 5本分
ハチミツ 大さじ1
白ゴマ 小さじ1

作り方

  1. アミの塩辛は包丁で叩いてみじん切りにする。ショウガとニンニクはすりおろす。ニンジンは細い千切りにする。長ネギはみじん切りにする。ニラは2㎝幅に切る。
  2. ①と、粉トウガラシ、中挽トウガラシ、ハチミツ、白ゴマを混ぜ合わせてヤンニョムを作る。
  3. トマトはよく洗って水分を拭き取り、ヘタの周りにぐるりと包丁を入れてヘタをくりぬく。ヘタの反対側に、放射状に6等分になるように切れ目を入れる。トマトの厚みの2/3を目安に、切り落としてしまわないように注意する。
    ※ミニトマトを使う場合は、2等分にする。
  4. トマトの切れ目を開きながら塩を軽くまぶす(中玉トマト1個当たり塩2つまみ程度)。
  5. ②のヤンニョムを、トマトの切れ目に丁寧に挟みながら詰めれば完成。

作ってくれた人

金伽倻さん(41)

きむ・かや●北海道釧路市出身、群馬県在住。群馬県の旬で美味しい食材を使った弁当屋「BENTO261」(高崎市)を経営。ランチもやっている。「季節を感じられる体にやさしい料理を。生産者の方たちの思いも食べる人にしっかり届けたい」。アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、日本酒学講師などの資格を持つ。

【BENTO261】
Facebook https://www.facebook.com/BENTO261/
Instagram http://instagram.com/bento261

ryouri_logo


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]