電子ブックレット

お料理

椎茸のとうもろこし詰め焼き

☆椎茸のとうもろこし詰め焼き☆

ryouri_201809

肉厚の生シイタケと、旬の甘いトウモロコシが手に入ったら、ぜひお試しいただきたいメニューです。エゴマの葉の代わりに、パセリやオオバを使っても美味しくできます。

材料(2人分)

生シイタケ 6枚
トウモロコシ 1本
(※缶詰のホールコーンでも可。
その場合、水を切って150g)
エゴマの葉(又はオオバ) 1枚
薄力粉 大さじ2
塩、コショウ、醤油 少々
サラダ油 1適宜

作り方

  1. トウモロコシは、沸騰したお湯で2分程茹でる。粗熱が冷めたら実を包丁でこそげ落とし(正味150g前後)、みじん切りにする。
  2. 生シイタケは、軸を根元から切り落とし、かさの内側に薄力粉(分量外)を薄くまぶし付ける。
  3. ①のトウモロコシをボウルに入れ、みじん切りにしたエゴマの葉、薄力粉、塩、コショウを加えてよく混ぜ合わせる。
  4. シイタケのかさの内側に、混ぜ合わせたトウモロコシのタネをスプーンで詰めていく。空気を抜くように押さえながら、こんもりと盛り上がるように詰める。
  5. 熱したフライパンにサラダ油をしき、④をトウモロコシ側を下にしてそっと並べていく。弱めの中火で3分程焼いて焼き目が付いたらひっくり返して蓋をし、反対側も3分程蒸し焼きにする。
  6. 中まで火が通ったら刷毛で醤油を塗り、さっと焼いて完成。

作ってくれた人

金伽倻さん(41)

きむ・かや●北海道釧路市出身、群馬県在住。群馬県の旬で美味しい食材を使った弁当屋「BENTO261」(高崎市)を経営。ランチもやっている。「季節を感じられる体にやさしい料理を。生産者の方たちの思いも食べる人にしっかり届けたい」。アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、日本酒学講師などの資格を持つ。

【BENTO261】
Facebook https://www.facebook.com/BENTO261/
Instagram http://instagram.com/bento261

ryouri_logo


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]