電子ブックレット

ズーム

アートをひらく人々

祖国解放後の在日朝鮮人美術史をひもときつつ、さまざまな分野で活動する同胞美術家たちを20~40代を中心に取り上げます。時代に即した新たな観点で創作する美術家たちに加え、在日朝鮮学生美術展などの取り組みも合わせて紹介します。
sp_201512_01

●注目の同胞美術家

現代アート、陶芸、朝鮮民画にいたるまでさまざまなジャンル、素材、技法で自らの表現を追求する同胞美術家とその作品たちを紹介します。

現代アートでどの地平に立つか 鄭裕憬さん(24)
sp_201512_02

現在手がけている作品。画像は加工中のもの(本人提供)

インスピレーションに導かれ 河専南さん(41)
sp_201512_03.jpg

「本能検索機」

土偶に魅せられて 金明和さん(43)
sp_201512_05

大きな乳房やお腹、お尻など女性をかたどった土偶の一般的な造形に加え、最近では両性具有や老若男女の要素を兼ね備えたものも制作している

誰かを想う心、民画に込めて 姜孝薇さん(47)
sp_201512_06

2012年に東北朝鮮初中級学校と八木山小学校に贈った「希望図」

イメージを可視化する 金誠民さん(47)
sp_201512_07

『チョウチョのトートロジー』

風景は歴史、自分に向き合う 崔光徳さん(75)
sp_201512_08

白頭山シリーズの中から。「山雲(白頭山麓)」油彩P20号

●育てる、つながる、広がる 在日朝鮮学生美術展のいま

sp_201512_09

広島展は広島初中高の体育館で開催。保護者や日本市民らが足を運んだ

今年で44回目を迎えた在日朝鮮学生美術展(以下、学美)。朝鮮学校の美術教育とその成果物である児童・生徒たちの作品は時代とともに変容し、学美も新たな実践を不断に取り入れながら発展している。学美の今を探った。

●中・高部門 金賞作品一挙紹介! これが学美ワールドだ!

●在日1世美術家の足跡をたどる

白凛 ●東京大学大学院博士課程、在日朝鮮人美術史研究
在日朝鮮人1世には、文学者もいれば、科学者もいて、舞踊家もいれば、美術家もいた。
祖国解放直後の同胞美術家はどのような作品を描き、生活していたのだろうか。
断片的ではあるが、かれらの足跡をたどるため、その一部を紹介したい。


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]