電子ブックレット

ウリハッキョ

往復書簡2012~第2部―vol.3

往復書簡2012~第2部―vol.3 

在日朝鮮人の民族教育権を考える

金順愛 ●NPO法人コリアンネットあいち事務局長
×
李春熙 ●弁護士

「当事者」になる覚悟で守る、教育権
金順愛

李春煕さんへ
私たちの教育権は、私たちにあります。私たちが議論し、私たちが考え、私たちが決めるものです。この当たり前のことがなぜできないのでしょう…。
  「肖像画は掲げるべきか降ろすべきか」「修学旅行はウリナラへ行くべきかどうか」・・・。

異国における集団的権利としての「民族教育」
李春熙

金順愛さんへ
金順愛さんからの提案、どれも魅力的なものだと思います。もっともっと議論して、実現に向けて取り組んでいきたいです。このような取り組みって、拉致問題について教え込むことより、よほど子どもたちにとって必要なものですよね。私たちの教育は私たちが議論して私たちが決める、まさしくそのとおりだと思います。


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]